永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425

助手席診療所へようこそ

月曜日 喉の違和感に氣づいて、ショウガやニンニクを摂取

 

火曜日 確実に痛みを発してきた喉と微熱

 

水曜日 38度を超える熱に仕事を休み、熱が37度台になってホッとする

 

木曜日 早番で出勤するものの、ここで無理をすると長引く予感にて昼過ぎに早退

 

金曜日 たくさん寝たのが良かったのか、回復の兆し

 

土曜日 それまで喉が痛くて熱があるだけだったのに、急に鼻水鼻詰まりが

 

日曜日 どうしても休めない状況の中、スポーツイベントの為に大混雑…後、熱が再び高まってくる

 

再び月曜日 起きて熱を計ってみると、39度を越えていて、驚愕

 

 

ささささ39度!!!

 

宮古島に住み始めて一度も病院なるものにはかかったことはありませんでしたが、一生の内で39度越えの熱なんてなかなかないものです。

 

腎盂炎を患った時依頼でしょうか。

 

一瞬、それを疑って腰をトントンしてみましたが、腎盂炎ではなさそう。

 

職場の人が「なかなか良い感じだよ」と教えてくれた診療所へGO。

 

実際、赤瓦の平屋で、病院というより小洒落たペンションみたいな外観。

 

受付や看護師さんお医者さんも白衣ではなく、かりゆしスタイル。

 

首から聴診器がぶら下がっていなければ、医療スタッフとは思えません。

 

受付にて「熱が、39度あります」と告げると、予想以上にビックリ顔をされました。

 

というのも、実はこの時、沖縄本島で麻疹が流行っていて、沖縄全域の病院施設で高熱を出している人には過敏になっている状況。

 

「何で来ました?車?じゃあ、車の中でお待ちください」と。

 

「本島に行ったか?」「本島から来た人と接触したか?」なども聞かれ、ホテルスパ勤務が故に接触している可能性が高いものの、本島での乗り換え便で来た人を接客したかはわからない…と回答。

 

イカーにて隔離

 

この日はまたやたらに天氣が良くて、ティダ燦々。

 

外氣温が高いのか自分が熱いのか、はたまた両方なのか。

 

ドアを開けたままの運転席で日除けを作りながら待っていると、看護師さん登場。

 

問診。

 

そして、「血圧測りたいんですけど、こっち(運転席)暑いですよね?そっち(助手席)でやりましょう」と、日陰になっている助手席に移動。

 

血圧を測り、脈を測り、喉を見られ、聴診器当てられ。

 

で、インフルエンザ疑惑を晴らすための粘膜検査。

 

看護師さんがお水と氷枕を持ってきてくれ、真打ち登場まで首を冷やしたりして。

 

結局、インフルエンザでもなく、麻疹は6歳の時にクリアしている事も思い出し、お医者さんも喉を見て「うん…熱は高いけど、ピークは過ぎちゃってるみたいだね」と。

 

「その声は、いつもそんな感じ?」と聞かれたので、「いえ、本当はもっと可愛いです」と言って、看護師さん共々、クスッ。

 

 

あまりの高熱にとんでも重篤な病だったらどうしようかと思いましたが、結果、扁桃腺炎が悪化した…という診断に。

 

 

助手席で診察を受けているワタシに、診察を受けに来た患者さん達が「こんなとこで診てるの?!」と、目を丸くしていましたが、ま、でしょうね。

 

ワタシがそっちの立場でも、「車中で?!」ってなりますもの。

 

診療所へのお支払いも助手席。

 

薬の受け取りも助手席。

 

なんか、ぜんぶ助手席でした。

 

 

そして、お医者さんから言われた事で意外だったのは「あんまり温かくしない方がいいよ」でした。

 

 

 

 

 

 

白いキケンなアイツ

自慢ではありませんが、お酒が弱いです。

 

こんな、何かと言えば泡盛飲みまくる島に住むには、あまりに脆弱!!

 

ですが、お酒が嫌いなわけでもなく。

 

だからこそ、お強い方が羨ましい…。

 

さて、先日、ちょっとしたきっかけでミルク酒なるモノを知りました。

 

宮古島というよりは池間島が発祥で、分村した佐良浜などに伝わって広まった…らしいです。

 

神に捧げるお酒の代用品として秋の祭事時には、三日三晩作っては飲み!作っては飲み!!するんだとか。

 

既に何かキケンなカホリがします。

 

その材料は、至ってシンプル。

 

泡盛

 

コンデンスミルク

 

 

 

以上。

 

 

銘柄も特段に決まりはないらしいですが、元祖池間島流だと、菊の露、ワシミルク、水。

 

一升瓶に半分のお酒を残し、ワシミルク1缶全部、残った空間に水を注いで振っておしまい。

 

 

作り方も、かなりアッサリ。

 

 

f:id:mignon216:20180413012501j:image

これと、

 

f:id:mignon216:20180413012707j:image

これ。

 

『ワシミルク』と呼ぶのは、このパッケージから。

 

これをミネラルウォーター2リットルのペットボトルを空っぽにして、菊の露、ワシミルク、水の順に入れ、シェイクシェイク。

 

f:id:mignon216:20180413012915j:image

できました。

 

早速、試飲。

 

香りが、ラムミルクを思わせる濃厚さ。

 

ゴクリ…。

 

……!!

 

当たり前だけど、甘い…そして、飲みやすさの背後にワルイオトコ(小悪魔女子)みたいなデンジャラス。

 

き、キケンだわ!!

 

にも関わらず、「ブラックコーヒーにこれを入れたらカフェ・オ・レ泡盛やーん」なんてヘラヘラしていたのを思い出しました。

 

そこで、我が家のスーパーマシンをチラ見。

f:id:mignon216:20180413013309j:image

バリスタさんです。

 

何の因果か、ワシミルクもネスレだったり。

 

そうして、出来上がったコーヒーに先ほどのミルク酒を注ぎます。

 

f:id:mignon216:20180413013455j:image

 

 

早速、試飲。

 

大人の、カフェ・オ・レ。

 

ゴクリ…。

 

……!!

 

苦味と甘味、まろやかさとコーヒーの分アルコール度が下がっているのに、ワルイオトコ(甘え上手なお色氣女子)感は健在。

 

き、キケンだわ!!!

 

 

はっ!これってアイスコーヒーパターンと、コーヒーじゃなくて紅茶に入れてミルクティー泡盛とかもできちゃうじゃん!

 

それだって、ホットとアイスできるし、コーヒーや紅茶のシャーベットやゼリー作ってかけたりしても、なんかオサレだし!!

 

なににしろ、オサレに氣を取られているうちにヘロヘロになるシロモノです。

 

 

 

 

白い誘惑にメロメロなワタシに、レターぷりーず。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425

 

 

 

 

 

 

 

拝まれるカワイイヒト

チェーン系飲食店アルバイトも、ザックリ3ヶ月が経ちました。

 

といっても、週に多くて3日程度の出勤なので、フルタイム勤務に換算すると、1ヶ月そこそこってところでしょうか。

 

 

とある言動を、入社1年目の20代前半に「カワイイですね」と言われ、ちょっと嬉しくなってしまったワタクシ。

 

「カワイイですね」!!(超・強調)

 

 

 

 

ま、それはさておき。

 

ほんのり氣になってきているのは、店長の話し方。

 

壮年のパートさん達には敬語&丁寧語なのに、ワタシと学生アルバイトさんには、「氣をつけて帰れよ!」とか、「マジか?」とか、「お疲れねー」ってな調子。

 

 

どちらかと言えば、ワタクシは壮年側ですけども!!

 

 

ホニャララ小路キミマロネタ放り込まれても抗えないレベルで。

 

 

全員平成生まれの若き正社員さん達も、さすがに高校生バイトちゃん達に対するのと同じとは言いませんが、掛け持ちジョブのために完全なる休日は月に1日、2日あったらビックリレベルだと知った先の1年目さんには「マジで?!」と言われ。

 

2年目さん、痩せたい願望逞しい恰幅良すぎる24歳が飲んだ後のガチシメメシをやめた代わりに甘いもの食べちゃうって話に、「せめてゼリーとかプリンにしたら?ケーキとかだと炭水化物と糖分と脂質のトリプル攻撃よ?」と言った時も、「えー、ムリー」。

 

目が合った瞬間、「わらび餅?」と言われたので、「誰がわらび餅ですか!人の顔見て、わらび餅て!」と言えば、「ちがーう!!わらび餅オーダーなら、もう出したよって言いたかったのー!」と言いつつ、「でも、実際、わらび餅みたいにフニャフニャしてる」。

 

なん…だと?!

 

とりあえず言えることは、君らのお母さんと同世代だからね!!

 

 

さすがに店長は、そこまで若くはないものの、ちょっと年下なんじゃないかと疑っているところ。

 

にも関わらず、「お、今日は歩きか?氣をつけてな!」と、見送られるって何?!

 

お支払いのお客さんが居るのにレジカウンターへ向かおうと店長と動きがダブったら、「ほれ、行け!行け!!」と追いやられるって、何?!

 

 

そして、「シフト、なるべくたくさんな!たくさん!!」と必死の形相で拝まれました。

 

 

どんだけ、人不足なんだろう。

 

宮古島では割りと時給高い方なのにねー。

 

 

 

 

カワイイ上に若人扱いされるワタシに、裏山レターぷりーず。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425

 

EFR的、テレフォン。

真夜中、1時過ぎ。

 

神奈川に住む姉擬きからの、LINE。

f:id:mignon216:20180407015535j:image

 

このような丁寧語的クエスチョンが来たことがないので、その語尾に戸惑いながら起きているのを返信しましたら、なんかサスペンスドラマレベルに出血している左手画像が届きました。

 

 

何をやからしたかと思うと、即電話が。

 

状況を聞けば、飲酒している状態ながら調理をしており、その際に食用ラップを切りますれば、そのギザギザしたトコロで左手親指をザックリやらかした…との事。

 

止血と言えば根元を止める!!と輪ゴムグルグルして、キッチンペーパーで傷口包みーの…と言いますので、「とりあえず、輪ゴムは外して、根元じゃなくて傷口を圧迫してたむれ」と申しますれば、「え?!根元グルグルじゃないの?違うの?!」と、 なんかもうすんごい出血して、その出血レベルのあまり、失血死するかと思ったそうなので。

 

大丈夫!!

 

死なないから!!

 

たしかに調理中だったサンドイッチのパンが真っ赤に染まってしまったのは、お氣の毒ながら「捨てよっか」って言うしかありませんでしたけども!

 

 

予想外の出血っぷりと真夜中だという理由に動揺しまくって、不必要に丁寧な言葉遣いになっちゃったらしいですけども!

 

通話中に出血が落ち着いたみたいで、とにかくやたら乾燥させてしまわないように…と通話終了。

 

 

電話でもエマージェンシーファーストレスポンスは可能なのですね。

 

 

 

 

応急対応、できなくもないワタシにレターぷりーず。

あ、レターでは応急対応しかねます。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425

 

 

 

 

 

 

プロっぽいワタシ

去年、人生初のモズク採りに行きまして、連れて行ってくれた人が意外と泳げなくて、完全なるソロ採りになったのも懐かしや。

 

今回は、「連れてって」と言われ、人生初のモズク採りをする人を連れてお目当ての浜へ。

 

 

そこには、ちょっと小洒落たペンションがあって、そのペンションオーナーが、これまた人の良いニーニーなわけです。

 

そのオーナーに「網、持ってきたから、ザル貸して」って言いましたら、「網、見せて」って。

 

「これよ」って、程よい大きさの網をご覧に入れます。

 

「こっち、持ってけ、これならたくさん入るから」って、どう見ても業者クラスの網を持たされました。

 

「20キロ、入るから」って。

 

 

いや、そんなには摂らないよ!

 

ワタシ、業者じゃないよ!!

 

と、思いつつも、「じゃあ、借りていくねー」と、やたらに長く大きな網を持たされたワタシを、連れて来たお嬢さんがニヤニヤ。

 

彼女は、割と手頃なサイズの網を斜めがけ。

 

 

なんで、ワタシだけ業者サイズなの?

 

 

 

まあ、考えても仕方がないので、浜へ。

 

ペンションの宿泊客である9歳の女の子が、初対面にも関わらず「ねぇ、一緒に泳いでくれる?モズク採ったら、泳ぎに戻ってきてくれる?」と、ラブリーおねだり。

 

快諾したものの、そうなると短時間でモズクを採ってしまわなくてはなりません。

 

泳いで沖に出て、そこにあるモズクを水中にて指し示し、「これが、お目当てのモズクやでー」と手振り。

 

「スゴーーーーーイ!!モズク、いっぱい!!」と、人生初モズク採り女子は、浮かれております。

 

そこから、だいたい30分程、モズクに夢中。

 

 

モズク採りは、大変に楽しいのですが、実はこの後に控えている、モズク洗いがなかなかの重労働。

 

海水に浸しながら、モズクに絡んでいる小さなエビや貝のカケラ、モズクじゃない海藻などとモズクそのものを分離しなくてはなりません。

 

しゃがみ込んで、海水に半分浸かりながらの作業なので、体は冷えてくるし、作業そのものがウルトラ地味。

 

その重労働の横から、「お、洗ってるな!」と、ペンションオーナーのお友達オジサンが掠め取ってはその場でモグモグ。

 

おーーい!!自分で採って食べなさいよ!!

 

と、思いつつ、無言で洗うワタシ。

 

 

さらに「一緒に泳いで」リクエストの女の子までが「ねぇ、ちょうだい!!」って、洗いたてのモズクを分けた袋ごとパクっていきます。

 

 

ので、割と大漁だったのに、コンパクトな感じになりました。

 

そして、掠め取りオジサンが、人生初のモズク採り女子とワタシの収穫量の差に「シロウトとプロの差だな!」。

 

…いやいや、待って!ワタシも、2回目に過ぎないから!ね!!!

 

その採れたてモズクで、スープとヒラヤーチーを作りました。

 

ヒラヤーチーが美味しすぎて、真夜中なのに悶絶。

 

いやぁ、宮古のモズクは歯ごたえがシャッキシャキで美味ですなぁ!!

 

 

美味しすぎるヒラヤーチーを写真に撮ってみましたが、ヒラヤーチーというのは彩りが地味で写真に撮ると、美味しそうには見えないのだと知りました。

 

ので、写真ナシ!!

 

 

 

モズク採り名人ぽいワタシに、愛のレターを。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425

海を開けば

宮古島では、世間が四月馬鹿っていた4月1日に海開きをしました。

 

6月末あたりに宮古島来島し、ワタシと遊ぼうと画策している美脚女子から「海開きって、いつ?」と聞かれたので、「4月1日だよ」と返答しましたら、「早っ!!!」って。

 

 

いやいやいや、ここは南国、宮古島やぞ、みたいな。

 

 

「どうせなら、海開きしてからがいいなって思って聞いた」くせに、「海、怖い」と。

 

…え?

 

海開きしてからがいいかなって考えたのに、海、怖い?!入れない?!

 

 

意味不明ですけども!!

 

 

 

まあ、本人は「膝くらいまで入って、チャプチャプはできる!!」って、ドヤっていたので。

 

「バカなの?」

 

と、至極冷静に聞いてあげました。

 

膝までしか入れなくてもいいので、とりあえず来島すれば良いと思います。

 

めっちゃ、待ってる!!!

キャベツ畑から、コンニチハ。

草食男子、肉食女子、絶食ナントカなんてジャンルに加え、ロールキャベツ男子などという、一見、草食そうに見えて実は肉食という男子もいるとか、いないとか。

 

もう、昨今、そんな表現もするのかさえ怪しいですが、まあそれはさておき。

 

 

いつだったか、そんな話題の最中、とある男性が「僕は自他共に認める草食なんですけど!どうせなら、キレイな肉食女子に食べられたいんですよ!でも!!!いないんですよ!キレイな肉食女子って!!!」と、力説スタート。

 

 

 

うーん…そうなのか。

 

キレイな肉食女子は、レアキャラなのか。

 

しかし、肉食動物って、基本、空腹じゃないと狩らないんですよね。

 

満たされてると、目の前をウサギが通ろうが、トムソンガゼルが通ろうがスルーして、お昼寝とか。

 

さらに言うなら、キレイな肉食は、おそらくグルメなんでしょうね。

 

なにせ、キレイなんで。

 

わざわざ、不味そうな草食を狩る必要がないんでしょうね。

 

なので、彼は、狩られない。

 

狩られるとしたら、悪食肉食女子によるので、こういった嘆きが炸裂するのでしょうね。

 

うん、そうだ。

 

きっと、そうだ。

 

…と、これといったリアクションをせずに居ましたら、とあるキレイな肉食っぽい女子が「味見する氣にもならない、草食が最近増えたよね」と、ウルトラクールに発言しまして、先の自称キレイな肉食女子に食べられたい男子は、まさにぐうの音も出ないご様子で沈没されました。

 

 

 

前々から、この草食系だの肉食系だのという表現に違和感があったので、ほんのり賛同する雰囲氣にて話題を終わらせましたが、草食動物の方が交尾に関してはやけに激しいように思います。

 

 

有名な雑誌、プレイボーイのアイコンがウサギなのは、かなりの人が知っていることですが、これはオスウサギがメスウサギと一緒になると、ひたすら交尾しようとし続ける絶倫ぶりを発揮するが故のことらしいです。

 

あんなカワイイ顔して、絶倫!!

 

あまりの激しさに、メスウサギがストレスでゲンナリするんだとか。

 

ヤバいぞ、オスウサギ!!!

 

子孫繁栄本能とはいえ、ヤバいぞ、オスウサギ!!!

f:id:mignon216:20180331033151j:image

なんて、カワイイ!!なのに…!

 

f:id:mignon216:20180331033215j:image

なんて、平和そう!!なのに…!!

 

 

 

あ、そうそう。

 

以前の職場では、リフレクソロジーなんつって、人様の足裏を主体にモミモミするコースがあったのですが、その際、とんでもない美女が来て同性ながら、中学生男子並みにヒャッハー!して、いざ施術ですよって時にフッサフサに生えたスネ毛や指毛に、これまた中学生男子並みにショックを受けることもありまして、そんな話を知り合いの若年男子にしたんですよね。

 

すると、彼は「うわぁ、残念っすねー!彼氏いないんすねーー!」と。

 

うむ、やはり、彼は若年。

 

見た目も中身も若年、青二才。

 

 

スネ毛フッサフサでも、指毛フッサフサでも彼氏いる人はいるし、お金と時間をかけてツルツルに脱毛していたとしても、いない人はいない!!!

 

 

だから言ったじゃん、中学生男子の氣持ちでだよって。

 

 

キミは、20代後半のくせに、視点と思考が中学生男子なんですね。

 

 

それこそ、うわぁ、残念っすねー!!

 

 

だからね。

 

 

ま、いいや。

 

…あれ?なんの話だっけ?

 

 

あ、そうそう。

 

近所に、ドラッグストアを名乗りながら、生鮮食品から日用品まで取り揃え、かつ夜中の0時まで営業するお店がオープンして、オープン記念価格なのか大ぶりなキャベツが200円弱で買えたので、ロールキャベツを作ったよって言う話でした。

 

f:id:mignon216:20180331034636j:image

ひよこ豆でホワイトシチュー風に。

 

 

 

 

雑食女子なワタシに、エサレターぷりーず。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425