永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

そこは人間の領域ではない、

先日、水中マスクのみ、シュノーケルなし…という出で立ちの男性がサンゴの上に立っているのを見て、また別な男性が「それはサンゴですよ。サンゴの上には立たない方がいいですよ」と進言したところ、「わかっとるわい!!そんなもん!!」と、いきなり逆ギレ。

 

わかっとるわい!なら、なぜ立ったのか。

 

「なんや!海で泳ぐなってか!!あ?!」と、予想を超えるキレ具合に、腕に覚えのあるダンナさんとケンカになってはいけないと思った奥さんが「公平性のためにも警察呼びましょうね」と言った途端、ピューッと逃げて行った…という話を聞きました。

 

是非とも!!海で泳がないでください!!

 

 

そして、その逆ギレ男性が子ども連れだった事を考えると、その子は、その逆ギレ父の背中を見て育つのです。

 

おそらくは泳ぎに自信アリアリでマスクのみ遊泳したものの、思ったより苦しくなってしまってのサンゴライドオンかな、と。

 

プールと海は、まるで条件が違うこと。

 

昔取った杵柄が水泳部とか、ほぼ意味をなさないのですけれど。

 

 

 

そもそも、海は人間の領域ではありません。

 

サメに噛まれ、腕だか脚だかを失ったサーファーは、サーフィンを続けながらも「海は人間の領域ではない。そこに入って行って負った怪我は自己責任だ。サメは何も悪くない」と言い、彼の不自由さを思ってサメに報復しようとした人々を窘めた…という話を聞きました。

 

そう、繰り返しますが、そもそも海は人間の領域ではないのです。

 

船を作り、沖へ出て魚を獲り。

 

釣り糸を垂らし。

 

銛を持って泳ぎ。

 

 

 

そういう意味でなら、山もそうかもしれません。

 

猟銃を担ぎ。

 

キノコや山菜、タケノコ欲しさに。

 

そこで熊、猿、猪、鹿に襲われて怪我をしたの、死亡事故になったの。

 

 

ワタシは北海道出身なのですが、襟裳と稚内には毎年観光客がやって来てはアザラシにエサやりをするそうです。

 

商売になると企んだ人がエサを売り出しているのか、観光客が勝手にエサになりそうな物を投げているのかわかりませんが、これがなかなかの問題になっています。

 

そこに横たわっているだけでエサが貰えるので、アザラシが真面目にエサ獲りをしなくなります。

 

生態系に影響するでしょうし、エサが貰えない時が来た時、どうするのでしょう?

 

そして、投げられるエサを目当てに集まったアザラシたちは思ったほどのエサがもらえなければ、養殖網を食い破って養殖されている鮭を狙います。

 

困ったことに全部食べるのならまだしも、好物の頭だけ食いちぎっていくのだとか。

 

ザ・贅沢!

 

エサやり目的に来る観光客で売り上げが上がる宿泊施設やお土産屋さんは喜び、養殖業を営んでいる人にはとんだ迷惑で、度々揉め事になるそうで。

 

 売り物にならない鮭達は、ただゴミになるのです。

 

 

野生のタヌキにエサとしてお菓子を投げようとした人を止めて、ひどく睨みつけられ、「何がいけないのよ!」と怒鳴られたことがあります。

 

その時のワタシからはずっと年上の大人の方でした。

 

人間が食べてもそれほど早く影響を出さない添加物も、小動物には毒の澱となります。

 

人間よりも早いサイクルで次世代が産まれるので、その個体では出なくてもその個体の孫かひ孫あたりで何か重篤な事が起きる…そういう可能性が高くなること。

 

人間の食べ物の味を覚えて街中に出没し、さらに人間の食べ物の味を知り、人間に慣れ、扱いを知らない人に牙や爪を見せれば、途端に駆逐対象です。

 

彼らには問題なくとも、人間には病になる感染症が出た場合にも、やはり駆逐されます。

 

人間が彼らと関わって彼らにとって良いことなんて、ほとんどないのです。

 

 

北海道は知床で観光客が考え無しにあげたソーセージがきっかけで悲しい死を迎えた熊の事件。

 

 

その事件から程なくして、山に箱いっぱいの鮭が置かれて、また一騒ぎになりました。

 

ニュースを見て、「食べ物がなくて仕方なく人里に降りてきてる!!」と早合点して、良いことをしているつもりでエサを置いて来る人が本当にいます。

 

森や山が狭くなり、食べ物が減ったが故に人里に降りてくる野生動物ももちろんいますが、その問題と安易なエサやりは別問題。

 

その人が、ずーーーーーーーーーっと充分にエサを与え続けられるならいいかもしれませんが、それができないのなら絶対にやってはいけません。

 

そういえば、都心で迷子になったからか川に出没するようになったアザラシにエサやりしていた人たちと、それに反対する人たちとで揉めたニュースもあったような…。

 

「だって、お腹空かせてかわいそうじゃない!!あの子が死んでもいいの?!」って興奮した口調で噛みついていた壮年女性の形相だけ、ボンヤリと覚えています。

 

美味しいエサが苦労せず貰えると覚えてしまえば、なかなか動かなくなるでしょう。

 

本来は団体行動のアザラシは、仲間の元へ戻ることもなく、ペアを作ることも子どもを育てることもなく一生を終えることになってもかわいそうじゃないのでしょうか?

 

 

素足で走り回ることも、裸で風邪もひかずに生活することも、自分でエサを取ることもできない人間だからこそ、それができる野生動物達と無闇に関わるのは間違いだというのが、ワタシの考えです。

 

「わあ、かわいい」や「なんて、かわいそう」という感覚は素直で優しいのかもしれませんが、近寄るためにエサを差し出したりしてしまうのはダメです。

 

どんなにかわいくても、どんなにかわいそうでも。 

 

 

リンリンリリン

沖縄は、かつてアメリカ合衆国の植民地でした。

 

歴史の教科書に載ってました。

 

ジャクソ…じゃないや、フィンガーファイブという兄妹アイドルグループのメンバーは、大活躍していた当時、沖縄から県外へ仕事に行くのにパスポートを使っていたとインタビューに答えていました。

 

沖縄が日本に返還されたのが1972年、彼らのデビューが1967年、解散が1978年らしいのでデビューから5〜6年はパスポート必須だったということですね。

 

実際、ある一定の年齢の方々は「子どもの時、ドルで買い物してたぞ」と言っていました。

 

 

教科書に載っている=すごく昔の出来事という思い込みがあっただけに、なんだか衝撃的でした。

 

 

 

2週間ばかり前から車に乗っている最中、異音がするようになりまして。

 

ずっとではないのですが、ヒュルヒュルヒュル…というか、キュルキュルキュル…というか。

 

ほんの短い間ながら日に数回。

 

鳴らない日もありますが。

 

で、ガソリンスタンドにて症状を訴えると「たぶん、エアコンベルトが弛んでいる」とのお見立て。

 

ので、昨年、エアコンベルト断裂事件の時にお世話になった修理屋さんへ。 

 

http://mignon216.hatenablog.com/entry/2016/08/31/005400

 

青いツナギがお似合い。

 

再び症状を訴えましたら、即座にボンネットオープン。

 

またもや、車の構造について語りながら色々教えてくれるのですが、やはり相変わらず宮古訛りが激しく、肝心なところがまるで聞き取れません。

 

ダイナモのなー」と言ったのはわかったので、「ダイナモ??」とキョトン顔をしていたら、「車の発電機というかねー、わからんかー?」と続くので、「わかんない」と素直に返答。

 

「わからんと困るなー」

 

…そ、そうなのか、世間の車乗りというのは、車の構造的な色々もわかっているものなのか。

 

 

困ったな。

 

自動車教習所で無料オプションだったタイヤ交換講習さえサボっちゃったから、ワタシ、タイヤ交換もできないよ。

 

っていうか、ジャッキとか持ってない。

 

そんな事を考えている内に、弛んでいたベルトを調整、エアコンの圧も測ってくださり、「これで問題ない」と。

 

お世話になりました、ありがとうございます…とお支払いして、いざ車を出そうという時。

 

この修理屋さん、道のカーブの途中にあるため、バックで出そうとするとなかなかの緊張感を強いられます。

 

敷地内に無造作に停められた販売車や修理待ち車がせり出てもいて視界も塞がれがちなのに、通行量は多め。

 

修理屋オジサンの誘導ジェスチャーにピッピピッピと下がり、グイっとハンドル切った時、オジサンは…『さあ!!行け!!』とばかりに、大きく手を振り上げました。

 

あー、ハリウッド映画のアクション物とかでよく見るヤツだ…あと、アレ、なんだっけ…アレ…。

 

 

これだ。

f:id:mignon216:20170809190933j:image

 

自由の女神だ。

 

まあ、これは「フォローミー(私に続け)!」な感じでしょうし、ちゃんと青いツナギ着てたし、女でも神でもないけど。

 

 

…にしても、ああいう大きなジェスチャーをする人が少なくないのは、やはり、アメリカ的文化の名残りなのかしらん。

 

あのオジサンは、ドルで買い物できる世代だろうし。

 

…で、ダイナモって何?

 

 

ナンチャッテな、話。覚悟編

一つ前のブログで、タロット鑑定の話を書いたので、関連話をもう一つ。

 

宮古島は島そのものがパワースポットだとか、宮古島内にあるパワースポット巡りなんていうツアーがあるとかないとか、そういうブームの時にやけに女性グループが来島したそうで。

 

先日も、御嶽へお詣りするのを主なる目的として来島した女性ゲストがスパを利用されていきましたが、「なんかー、友達が教えてくれたブログにその御嶽にお詣りすると良いって書いててー」ってな調子。

 

そんな理由で高い交通費かけて来島したのかと思うと、けっこうなビックリ。

 

パワースポット!パワースポット!って言いますが、そもそもその《パワー》が良いのか悪いのかも調べず。

 

良くも悪くも《パワー》は、《パワー》なんですけど。

 

本人が満足して帰れればいいので、「そうですかー」としかリアクションできませんでしたが。

 

 

さてさて、そんなパワースポット巡り女子やら、神社仏閣の御朱印巡り女子なんていうのも一時期流行りました。

 

夏休みのポケモ◯スタンプラリーをしている小学生と大差ないような氣もしましたが、お水取りやお砂取りもルール無視してやりたい放題なことに注意喚起が貼り出されたりも。

 

縁結びのナントカに女性殺到!みたいなニュースに、「休日にナントカに行くくらいなら、合コンか逆ナンでもすればいいのに」って思ったことはナイショ。

 

とある会社で一番人氣の独身男性にバレンタインデーにチョコレートと共に告白するって意氣込んでいた複数女性に対し、バレンタインデーよりも早く告白して、その一番人氣をゲットした女性を知っています。

 

まあ、そういうことです。

 

サッサと行動したもん勝ち的な。

 

もちろん告白が上手くいかずに、バレンタインデー複数から選ばれた可能性もなきにしもあらず。

 

それでも、彼女は行動したのですから。

 

 

 

 

さてはて、鑑定をしていると必ずといって出会ってしまうのが占いジプシー

 

占い師のジプシーさんではありません。

 

わかりやすいのが恋愛ネタなので例に出すと、片想い中の彼(彼女)とうまくいくかどうか聞いて、「ダメです」とか「イマイチ」ですって結果になると、次の占い師へ。

 

また、「相性悪いです」などと言われると、次の占い師へ…。

 

といった具合に、自分の望んでいる答えを言ってくれる占い師に当たるまでフラフラと流れ続ける人の事を勝手ながら占いジプシーと呼んでいます。

 

怖いのは、こういう方が占いを纏った口のうまい人に出会うと吸い上げられるだけ、吸い上げられてしまうことです。

 

悲しいかな、いますからね、占い纏いの…まあ、詐欺師みたいな人。

 

宗教などにも通じるお話。

 

 

ジプシーにならずとも、同じ質問を多少表現を変えて聞き繰り返す人も。

 

 

繰り返しても繰り返しても、返事なんて同じです。

 

せめて自分の意識を変えるくらいしないと、同じです。

 

なので、ワタシはジプシーの可能性がある依頼はお断りすることがあります。

 

また、同じ質問を手を替え品を替えして聞いてくる方もお断りしています。

 

 

そして、どんな方にも言っています。

 

『どんな結果であろうと受け取る覚悟はありますか?その覚悟がないのなら、やめた方がいいですよ』と。

 

 

「占いに頼るなんて」と弱い人扱いする人もまたある一定数いらっしゃいますが、ワタシは逆だと思っています。

 

場合によっては、知りたくなかった未来を知ってしまう可能性があるのですから、相当な覚悟がなければいけないのです。

 

ジプシーとリピートさんはその覚悟もないのに占いを受けるから、ジプシーでありリピートなのです。

 

その結果が氣に入らないのなら、変えてやる覚悟をどうぞ。

 

どっちの道にもあるのは、覚悟ですよ。

 

変わる覚悟も、変わらない覚悟もあなた次第です。

(あれ?どこかで聞いたことがあるようなセリフ…)

 

 

ナンチャッテ!!

ナンチャッテな、話。

ワタシが持つ肩書きの一つに【タロット鑑定士】というものがあります。

 

タロットカードを鑑定する人ではありません。

 

まあ、わかりやすく言うと占い屋さん。

 

それを知ると、「当たるんですか?!」って勢い込んで聞く人がいるんですけど、わざわざ「当たらないでーす」とか言う占い師が果たしているのか、むしろ、聞きたい。

 

そういえば、いつだったか整体師だって言ったら、「上手いの?」って聞いてきた人もいましたっけ。

 

「へたっぴでーす」とか言う整体師が果たしているのか、むしろ、聞きたい。

 

 

まあ、そんな事はさておき。

 

 

先日、スピリチュアル的な方面で知り合ったヒーラーさんとお話しする機会がありまして、天然石などを浄化するさざれというアイテムについてアドバイスをもらった時、「ネットが良いですよ!店頭だとね、なんでかやけに高い値段つけてる所とかありましてね…」と具体的なお値段なども教えてくださいました。

 

その「ネットが良いですよ!」で思い出してしまいました。

 

 

かつて、ワタシがタロットを持っていると知った人が、妙にワクワクした顔で「タロットカードって、どこで買うんですか?」って聞いてきた時のことを。

 

なので、「あー、ワタシは楽◯でポチっとしました」と、正直に。

 

「…え?楽…◯?」

 

「はい、主に使っているのは楽◯でしたねー!Ama◯onとかも色々あって、届くのも早いんじゃないですかねー」と言うと、あからさまにガッカリ顔。

 

「ネット…なんですか?」って。

 

どうやら、《魔女の家》みたいな怪しげなお店で買うんだと思っていた、かつ、そういう所で買っててほしかった願望みたいなものが入り混じっていた模様。

 

なんですか、その《魔女の家》みたいな店って。

 

ていうか、占い師は魔女じゃないし。

 

ただの人だし。

 

まあ、やはり、アレですよね。

 

既存のメディアとかに取り上げられてきた、および取り上げられている占い師さん達が、やたらに「◯◯の父」やら「母」やらを名乗って、かつ、どこからどう見てもガチ日本人なのに「ジュピター」とか「クリスティーナ」みたいな横文字系、もしくは宝塚歌劇団の芸名か昭和のヤンキーの騙り名みたいなフリガナないと読めないシリーズなどが多いこととか。

 

要するに、キラキラネームなわけで。

 

また、公開ビジュアルが、どこの国の民族衣装なのかと思うようなお洋服とおどろおどろしい背景か、逆に後光射してるっぽいだったりするせいでしょうか。

 

それ一本でお仕事されている方であれば、やはり注目されることは大事ですから、やむを得ないんですけども。

 

それにしても、あの時のガッカリムードは、未だに鮮明に記憶されています。

 

後々、その方から鑑定依頼があって、その結果、とても良い流れに乗ったようなので、言ってみましょう。

 

 

意外と当たるみたいですよ!

 

ナンチャッテ。

 

 

そういえば、「◯◯の父」やら「母」やらはよく聞きますけど、「兄」とか「姉」ましてや「弟」「妹」とかは聞かないですね。

 

…いるのかな?

やらかしとあがいーーーー!!

セラピスト稼業の傍ら、自宅では整体や氣功を、飲食店でのバイトをしながら、とりあえず行ける時には海に行く!!…という日々です。

 

先日、バイト先に水分補給用のマイマグを忘れてきてしまいました。

 

すると…。

 

f:id:mignon216:20170725031934j:image

 

なんか、お供えされてました。

 

女将の心意氣。

 

 

そんな中、このバイト先が店舗拡大による内装工事が、なんだかんだ数ヶ月。

 

そして、大きく設備が変わる度に食器の種類が増えたり、食器の収納場所が変わったり、食洗機の場所が変わったり…と、色々変わりつつある中、店舗のルールの変貌について行ききれず、やってしまいました…。

 

今までは、食器類下げ棚に積まれた食器たちをひたすら洗いまくる…だったのが、食器下げ専門のバットが登場。

 

そのバットにゴチャゴチャに入れられた食器たちプラス残飯と、とにかく闘う!!みたいな。

 

 

どっこい、洗いあがり、拭きあがりも済んだ食器が仕舞われるスピードと下げ食器のスピードは遥かに違いまして。

 

それを理解しきれず、洗いあがり済みのバットを、別なバットで押しきってしまうやらかし

 

ガラガッシャーーーーーーン!!

 

 

という音と共に割れまくる、色々な食器。

 

…やってしまいました。

 

 

おやつまでお供えしてもらっておきながら、7〜8種類、10点以上の食器をデストロイヤー…。

 

 

あわわわわ。

 

陳謝しましたら、オーナーシェフは「…ま、大丈夫!!」と、ケロリ。

 

本当、すみませんでした…!

 

明日もけっぱります!!(北海道弁で、【がんばる】)

 

 

あがいーーーー!!(宮古島方言で、【あいたたたーー!】みたいな意)

海の貴婦人と小さな赤サンゴ

宮古島に移り住むと決めた時だったか、引越し予定が決まった時だったか、「赤いサンゴを撮ってきて!!」と言われました。

 

言った方がどのくらいの感覚で言ったのかはわかりませんが、この約束は常にワタシの頭の中にありまして。

 

 ずーっと赤いサンゴを探しながら海に入っていましたが、なかなか見つからない赤いサンゴ。

 

f:id:mignon216:20170722180642j:image

ああ、今日も良い天氣…。

 

もともと色のハッキリしたサンゴは少なく、去年の猛暑と台風が来なかった影響で海水温が高くなり過ぎて宮古島周辺のサンゴは、かなりのダメージを受けてしまいました。

 

台風イコール災害というイメージが強いでしょうし、実際、旅行時に台風に見舞われた人からしたらとんだ迷惑でしょうが、台風が海水を撹拌してくれることで海水温が落ち着くのだそうです。

 

さらに言うと、台風が来ることが島と島の人々の浄化にもなるんだとか。

 

クリアリングってヤツですね。

 

しかも、赤いサンゴは装飾品としても高級品なので、乱獲の問題やら密輸なんて犯罪の匂いプンプンの被害者という面も持っています。

 

なかなか見つからなくなっているようでもありまして。

 

 

f:id:mignon216:20170723221143j:image

今日も今日とて、海へと。

 

 

割とメジャーなビーチに行ってみましたら、予想に反して移動カフェの車以外、停まってませんでした。

 

夏休み突入したのに、こんなことあるんだ!とビックリしたのは、途中のシュノーケルポイントの駐車場はビッシリだったから。

 

移動カフェのお兄さんも予想が外れてウクレレ練習。

 

「誰もいなくてビックリだよ」って。

 

お兄さんのアドバイスを受けて、潮の流れに沿うようにインザシー!

 

f:id:mignon216:20170723221533j:image

 

サンゴ岩の塊の間を泳いでいくと、ちょいちょい見えるナマコ

 

これは、ウミウシに会えるかも!と、見逃さないようにゆっくり移動。

 

すると、水中を不思議な形の物体が浮遊していました。

 

「何だろう、これ…?生き物っぽいけど」と、しばらく観察。

f:id:mignon216:20170723221815j:image

ポトリと着地した姿は、ちょっとウミウシチックでもあります。

 

アメフラシかなぁ…と、さらに観察。

f:id:mignon216:20170723221925j:image

ウネウネ系が苦手な方には、ちょっとアレな感じでしょうが、この緑色の物体が着地するや…。

f:id:mignon216:20170723222052j:image

クルッて、カラダの表裏をひっくり返したかと思ったら赤紫色のウネウネに!!

 

結局、ウネウネなんだけども!!

f:id:mignon216:20170723222200j:image

いきなり派手になりました。

 

夏休み明けに急に派手になっちゃう人がクラスに1〜2人はいましたね。

 

そんな感じです。(ウソです)

 

 

しばらくサンゴ岩から、サンゴ岩へと海中散歩していましたら、ミノカサゴさん発見!!

 

今まで、ハナミノカサゴキリンミノカサゴは見たことありましたが、どちらも岩影にヒッソリと佇んでいたのと、キリンミノカサゴは幼魚だったのですね。

 

こちらは、たぶんナンヨウミノカサゴと思われるんですが、泳いでらっしゃる!

 

泳ぐというよりは、水中を飛んでいる感じ。

 

スィーーーーーッと、ゆーったり。

f:id:mignon216:20170723222612j:image

ふおおおーー!!ヒラヒラ全開ーー!!と興奮しつつも、毒持ちなのでウッカリでも触れてしまわないよう距離を保ちつつの潜水アンドシャッター!を繰り返しまくるワタシ。

 

f:id:mignon216:20170723222749j:image

ヒラヒラ具合から海の貴婦人などと呼ばれているらしいですが、悠然とした姿には「カッコイイ…」と水中つぶやき。

 

f:id:mignon216:20170723222910j:image

激写しまくり。

 

 

しばらくの間、モデルさんとして活躍してくれたミノカサゴさんは、スッと岩陰に潜っていかれたので、そこでお別れ。

 

 

移動カフェのお兄さんが教えてくれたクマノミマンションとやらを見てみようかと、さらに移動してみましたら、ふと見たサンゴ岩の一片に赤いサンゴが!!

f:id:mignon216:20170723223310j:image

かなり小さなサイズなのと、岩がカップ状になった底に根が下されたような位置にあってどこから撮ればいいやら、しばらくウロウロ。

f:id:mignon216:20170723223547j:image

 

納得いくまで撮る!!と、決めて何度もトライ。

 

撮った!という手ごたえと共に、移住1年半でやっと見せてあげられるなぁ…と感慨深くなったその時!

 

ウミウシ!!

 

なんと、その赤いサンゴの根元近くに初めて見るウミウシちゃんが!

 

f:id:mignon216:20170723223908j:image

 

ヨゾラミドリガイというウミウシだそうで、確かにボディが満点の星空みたい。

 

 

後々、赤サンゴの写真を地元の方にお見せしましたら、「貴重なものを見つけたのね!」と、その方もまた興奮した口調でした。

 

この赤サンゴは、時々様子を見に行ってみようと思っています。

 

あまり深い所ではないので、これからも上がるであろう海水温に負けずに大きくなってほしいです。

 

切に…!!

 

 

 

 

 

エブリデイ 海!

なんだかんだ、今週は毎日、海へ。

 

必ずや潜ったり泳いだりしたわけではなく、足先だけ浸したり。

 

 

 

f:id:mignon216:20170721232752j:image

てぃださんさん!海日和!!

 

f:id:mignon216:20170721232838j:image

 

水中から空を見上げて、ブクブクブクブク。

 

 

 

f:id:mignon216:20170721232932j:image

目測、2メートル半深度にセジロクマノミを発見!!

 

トプーンと頭を下にして、フィンの先まで水中へ入ったら、少しだけキック。

 

彼らを驚かさないように、なるべく静かに。

 

カメラを構えて、その瞬間を待ちます。

 

 

 

この日は太陽の角度と濁りが強くて、なかなかクリアな写真にならず。

 

でも、見つけたペアは、とってもキレイなユニゾンを。

f:id:mignon216:20170721233450j:image

 

f:id:mignon216:20170721233505j:image

 

 

 

そして、海の不思議発見

f:id:mignon216:20170721233551j:image

サンゴのトンネル。

 

なぜ、この形になろうと思ったのやら。

 

今度は、もう少し濁りの少ない日に、誰かにトンネルの向こうから昭和アイドル風に顔を覗かせてもらいたいです。

 

f:id:mignon216:20170721233912j:image

陰りもまた、海の顔。

 

 

f:id:mignon216:20170721233947j:image

上がる寸前に、カクレクマノミを見つけたので、パチリ。

 

安定のラブリーさ。

 

 

さて、明日は、どこから海に入りましょうか。