永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

人体とダイビングと写真とワタシ

人は、積み上げてきたモノや培ってきたモノを、なかなか手放せない…。

 

そうなのっ!

 

そうなのよっ!!

 

って、声を大にしてみたり。

 

人体という存在に興味深くなったのは、一時的に民間療法にハマりまくった高校生あたり。

 

あっけらかんなる身体丈夫風味ではありますけれど、実は、なにげに虚弱。

 

病氣がちというほどではないのですが、ケミカルなお薬の一部にアレルギー、アレルギー性の鼻炎、太陽湿疹、疲労具合にて登場する口唇ヘルペス、かつてやらかした顔面神経麻痺(ベル麻痺)、腎盂炎で入院、遺伝性のインシュリン不活性による糖尿病予備軍宣告されたのは23歳でしたか。

 

バリバリの健康体には、まあまあ遠いわけで。

 

で、薬にアレルギーを出す事があるので、なるべく薬を飲まずに治そうとするが故の民間療法。

 

焼いた梅干しを熱々の番茶に放り込んだり、擦った生姜を味噌で練ってお湯で溶いた生姜湯、レモンと生姜を入れて沸かしたホットコーラ、ビデンスピローサ茶、黒酢、ニンニク酢、各種ハーブ、各種精油ローゼルティー、玄米酵素液、シナモン、ロウハニー、氣合い…などなど。

 

まあ、それなりに色々とトライさんしながら、美容系から人体系へとシフトし、筋肉と骨格で、その人の生活習慣がどうなっているかはわかる程度になりました。

 

しかし、かかし、だがし、医療の世界は日進月歩。

 

それまで常識と思われていたことが、クルリとひっくり返るの事など、当たり前だのレレレのレ。

 

整体師としては、人体を学び始めて6〜7年。

 

美容系統からだと、15年以上は経つものの、人体学にゴールなし。

 

勉強するほどに、先がある。

 

 

そんな中で始めた、ダイビング。

 

一見、無関係に見えなくもないけれど。

 

筋肉の内圧と、水中でかかる水圧。

 

地上姿勢と、水中姿勢。

 

そして、ほとんどが水分である人体。

 

水とは切っても切れない所以あり、なんてね。

 

 

 

 

かつて、「整体なら、60分は欲しいなぁ」なんて言っていたのに、現在、一箇所を整えるにかかる時間は数分で終わるようになりました。

 

顎関節症アトピー性皮膚炎、鼻炎、花粉症、すべり症、椎間板ヘルニア、一般腰痛、首痛、寝違え、筋肉痛、フローズンショルダー(四十肩、五十肩)、視力低下、石灰化、腱鞘炎、肩凝り…などなど。

 

外傷とウイルスによる疾患以外は、だいたい対応できるようになりました。

 

来月には、レスキューダイバーになる予定でおります。

 

ステキなフリーのプロダイバーさんと知り合って、彼女からのレクチャーで少しずつ、自分なりのダイビングスタイルを確立しつつもあります。

 

 

車が壊れたり、エアコンが壊れたり、バイトのシフトが短くなったりしつつも、人体とダイビングと写真の中で楽しくクルクルしています。

 

くるくるくるくる、くーるくる♫

大きな落し物

体験ダビングとシュノーケルをしまして、カクレクマノミを目の前で見れ、ウミガメの撮影もできた道産子姉さん大喜び。

 

よし、では一旦帰ってシャワーして、再集合しましょか、と。

 

それぞれ車に乗って、しゅっぱーつ!!

 

 ガコココココココココ…。

 

ん?!

 

ガコココココココココココ…。

 

んん?!

 

我が愛車から、かつて聞いたことのない音色が。

 

 

とりあえず、路肩に寄せて停車。

 

後ろからついて来た姉さんが「何か落ちてるよ」と。

 

何か落ちてるよ?!

 

路面にパタリとしたワタクシの視界に入ってきたのは…。

 

f:id:mignon216:20171013040552j:image

 

頭では、「あ、マフラー、落ちてる」とわかっていたのですが、あまりに突飛で「これ、何?!」と言ってしまいました。

 

マフラー!!落下!!

 

f:id:mignon216:20171013040758j:image

 

落ちてる…。

 

 

どう見ても…。

 

f:id:mignon216:20171013040840j:image

 

 落ちてるやーーーん!!

 

即、知り合いの整備士さんに連絡すると、「写メを送ってくれ」との事。

 

送りましたら、「引きずって走れる状態ではないから、レッカーしかない」と。

 

心境、ムンクの叫び

 

 f:id:mignon216:20171013041359j:image

 

いいやぁあぁあああ〜!!

 

 

とりあえず、加入している自動車保険の会社にお電話アーンド状況説明。

 

無料でレッカーできるとのことで、先ほどの整備士さんがレッカー用の巨大トラックにて到着。

 

するやいなや、バチコーンと着けられる、事故車的赤色灯。

 

f:id:mignon216:20171015023334j:image

 

 

 そして、ジャッキアップ。

f:id:mignon216:20171015023418j:image

 

かーらーのー。 

 

f:id:mignon216:20171015023829j:image

ドナドナされる、愛車。

 

 

台風18号の影響で、代車もなく、マフラー取り替えならば、パーツの取り寄せにも時間がかかるとのことで、とりあえずの対策として、溶接!!

 

f:id:mignon216:20171015024020j:image

 

そして、マフラー取り替えに掛かる費用の算出。

 

ドラムロール…!!!

 

 

ダララララララララ〜!!

 

ジャジャーーーン!!

 

 

だいたい、家賃の2倍!!!

 

 

ばかぢゃないの?!

 

ってな、お値段。

 

 

あまりの高価格に、絶滅するかと思いました。

 

 

さてさて、絶滅価格にて修理するべきか。

 

新たなクルマを探すべきか。

 

まさかの、新車、5年ローンか。

 

 

生きるべきか死ぬべきか

 

 

ハムレット並みに悩むよね!!

バター!バター!!

ある日、知り合いの青森出身者からこのような事を言われました。

 

「この前、《ケン◯ンショウ》でやってたんだけど、北海道の人ってご飯にバター乗せて食べるんだって?」

 

…な、ん、だ、と?!

 

あの、かの有名な、どことなく演出感丸出しの番組で、我が出身地にて、熱々ご飯にバター乗せてかきこんでいる映像が流れて、すぐそこ青森なくせに「衝撃映像だった」ですと?!

 

 

 

え?待って、待って。

 

それが衝撃映像だったということは、演出感ありありながらもケン◯ンショウで放映されたってことは…。

 

熱々ご飯にバターは、普通じゃないの?!

 

全国区じゃないの?!

 

その方が見た回では、バター乗せ&銘々お好みで醤油を垂らすって流れだったのだとか。

 

え?!待って、待って!!みんな大好き、バター醤油よ?!

 

何がいけないの?!

 

どのへんが、ケンミン?!

 

 

あの淡々とした口調で、「え?!なんだこれ?バター乗せご飯を美味そうにかきこんでいる…」って、棒読みされたの?!

 

…マジか?

 

本氣と書いて、マジか?

 

 

 

言わずもがな、ワタクシは北海道出身のバリバリな蝦夷っ子ですけども。

 

と言いつつ、北海道は広すぎるが故、各地方に加え、各家庭にてそれぞれ、おのおの、食文化があるわけで。

 

 

我が家に於いては、バター醤油ご飯はフライパンで炒め、かつ粗挽きのブラックペッパーで仕上げることにて、おかずの少なさをごまかす裏ワザとして蔓延。

 

これ、おかわり、絶対。

 

熱々ご飯にダイレクトパターンですと、ワタクシの場合、バターは高値という理由でマーガリンではありましたが、まあとにかく、乗せまして、そこに生タラコをプラス。

 

生タラコとマーガリンと熱々ご飯のコラボを鼻息荒くいただくのがセオリーでしたが、何か?

 

だって、タラコバター味って、あるじゃん!!

 

 

 

お正月明けあたり、お雑煮も美味しいなりに飽きた頃、磯部焼きスタイルに、バターは高値という理由のマーガリンを塗って、「洋風磯部焼き」と名づけてモグモグしていましたが、何か?

 

 

お雑煮飽きたパターンにて、永谷◯のお茶漬けの素をお餅の上にかけ、お湯を注ぎ、さらに、バターは高値という理由にて、マーガリン。

 

スタンダードに、ご飯に永谷◯のお茶漬けの素をかけ、お湯を注ぎ、さらに、バターは高値という理由にて、マーガリン。

 

北海道のソウルフードジンギスカンをホットプレートでジュージューする際も、添えるお野菜玉ねぎ、ピーマン、ジャガイモ、カボチャあたりを焼く下地として、バターは高値という理由にて、マーガリン。

 

 

…結局、バターじゃなくて、マーガリン!!  

 

 

 

よし、わかった!!

 

バターじゃなくて、マーガリン!!(だって高いから!)

呼び寄せる女

宮古島に移住して、1年と8ヶ月。

 

ワタシは、今日も元氣です。

 

さて、札幌在住と北海道出身ながら東京在住時に知り合い、去年の今頃に宮古島来島しまして、連絡をもらうものの仕事のシフト上お会いできなかった友人が、今年もやって来てくれました。

 

ちゃんと、事前に連絡いただきまして。

 

去年は、写真をプロ裸足になさっている関係からの、写真仲間との来島だったようで。

 

その時は、なかなかの雨女やら雨男がいて、あまりお天氣に恵まれなかったそう。

 

 

で、今年は、ソロ来島!

 

んみゃーち!!宮古島!!!

 

てなわけで、『何か欲しいものある?』なんて聞いてくれるものだから、「三方六かタイムズスクエアのカスタードクリームかOnちゃんキーホルダーのどれか1つで!!」と、おねだり。

 

f:id:mignon216:20171004001750j:image

チョコレートコーティングされたバウムクーヘンでございます。めっちゃウマなのです。

 

 

菓か舎のタイムズスクエア

 

f:id:mignon216:20171004001924j:image

 

フワッフワの蒸しパンのような生地の中に、なめらかカスタードクリームの詰まったお菓子。めっちゃウマなのです。

 

 

そして、そして。

 

f:id:mignon216:20171004002136j:image 

HTBのマスコット兼、水曜どうでしょうファンには、マスコットっていうか、安田顕っていうか、まあ、中の人などいない!!と言いつつ、結局、安田顕っていうか、な。

 

 

どれか、1つでって言ったのに、全部、キターーーー!!

 

う、嬉しい…!!

 

そんな彼女と、いかに宮古島なモノを体験しようかと試行錯誤し、星空撮影に行ってみたり。

 

ちょいとディープな居酒屋に行ってみたり。

 

ギョサンを売り込んでみたり。

 

f:id:mignon216:20171004002544j:image

普通のビーサンと何が違うかと言うと、鼻緒一体型で、ボート上でも滑りにくいことから、海仕事関連者が必ず一足は持っているサンダル。

 

漁業サンダル、略してギョサン。

 

お買い上げいただけましたん。

 

 

そんな中、とある初めて入る居酒屋にて。

 

それなりにお腹も満たされた頃。

 

調理カウンターの奥から、板さんがズイズイと出てきました。

 

何の氣なしに見ていると、ズイズイとこちらにやってくる。

 

この居酒屋のウリスイーツは、通常は揚げるサーターアンダギー生地を、焼いて出す《焼きさたぱんびん》。

 

「ちょっと氣になるなぁ〜」と思ってはいたものの、オーダーはしていなかったそれを持って、板さん、ズイズイ。

 

「これ、サービスね。他の人には出してないから、ナイショね」って。

 

え、えええええーーーー?!

 

例えばですよ?

 

ワタシが、この居酒屋の常連とかお得意様なら、わかります。

 

ワタシ達が、ピチピチギャル なら、わかります。

 

 

 

正直、どっちでもねえ!!!

 

 

 

つーか、初めて入ったし、隣のテーブルにはリアルピチピチギャルいたし!!!

 

なんで?!

 

…道産子姉さん、興奮氣味に「呼び寄せてるよ!!すっごい、呼び寄せてるよ!!」。

 

う、うむ…呼び寄せてる!!

 

たぶん!!

 

めいびー!!!

 

ぱーはっぷす!!!!

 

 

 

さらに、ワタシが来島当初お世話になっていたシェアハウスの管理人さんが働いている居酒屋さんへ行ってみました。

 

すると、「年末年始、どんな予定?私が帰省している間、仕事頼まれてくれない?」と、宮古島としては、ちょいとオイシイ仕事の依頼が!!!

 

 

うっひょーーーー!!!

 

さて、明日は札幌カメラ女子の体験ダビングに帯同いたします。

 

 

いつものマリンショップにて、オーナーさんに帯同おねだりして、OKいただいたビーチダイブ。

 

 

かーーーらーーーのーーー、シュノーケルガイドでございます。

 

 

宮古島に来島の際、シュノーケル希望あれば、ワタクシへ。

 

ダビングを体験したい方も、どうぞアクセスしてください。

 

ステキなショップをご紹介いたしましてよ、おほほのほ。

 

 

呼び寄せる女が、アナタの味方になりましてよ。

 

 

なーーーんちゃってね!!

彼女は、ダイバー。

ワタシの整体のクライアントにフリーのプロダイバーさんがいます。

 

身体155センチ、痩せ型。

 

短く切った明るい色の髪、くまなく焼けた肌、キリリとした柳眉とシャープな眼。

 

そのビジュアルから、小柄な男性と間違われることもあるんだとか。

 

一言で言うなら、見た目完全少年!

 

 

運動神経が良く、やんちゃで、団体行動や流される事が嫌いで、ダイバーとしてのプロ意識は、ワタシが知っているプロダイバーの中でダントツに高い方。

 

そのプロ意識の高さと緊張で身体の方はヒドイ有様で、偏頭痛持ち。

 

見た目は性別がわかりにくいながら、本人は否定するかもしれませんが、猛烈に女性らしく繊細な方。

 

まあ、ワタシから見たら骨格形成上、どう見ても女性なんですけども。

 

一度、海中で彼女とすれ違った時、その水中での優雅さは地上での身体からは想像を絶する美しさでした。

 

そして、自分の担当ゲストに集中するあまり、他が目に入りにくくなる…と言いつつ、「あの時にすれ違ったのが貴女なら、ウエイト重すぎるよ。何キロつけてんの?3キロ?重い!重い!!ウェット新品?違うの?なら、いっそ無くていいよ!騙されたと思ってやってみ?」と。

 

よそのショップで潜っているワタシへの、最上級アドバイス

 

そして、友人が来島してシュノーケルをするので器材を貸してもらえないかとお願いしましたら、マスクシュノーケル&フィン程度で充分と思っていたのに、その人の経験値をも鑑みて、「それじゃなくて、これがいいかも」とか、よりダイビングを楽しむためにフィンを借りる予定だったワタシに、水中用のソックスも用意してくれ、まあ、要するに至れり尽くせり。

 

いかに楽しんでもらうかを真剣に考えている方なのだな、と。

 

 

先日のダイビング時、突然、吸氣ボタンが誤作動して手を放しているのに吸氣し続けてしまうアクシデントに。

 

急浮上しないよう岩場に手をかけて、ほぼ同時に排氣もしましたし、アシスタントインストラクターさんがアクシデントに氣がついてもくれましたので特に問題なく進めましたが、その話をすると、「器材を自分で洗ってる?」と。

 

ショップ任せだと言うと「自分で洗わないとダメだよ。ショップはたくさん洗わなくちゃいけないから、どうしても流れ作業になるから塩が抜け切ってなくても干してしまうだろうし。その時は洗えているように見えても乾いたら塩が結晶化して、それが誤作動になるよ」って。

 

さらに、「我が家の洗い場使ってもいいよ。物干にぶら下げていてくれてたら、乾いたら回収しておくし」。

 

ほ、惚れてまうやろーーーーー!!

 

って言うのは、ここで遣うべきです。

 

ワタシは、彼女のガイドでダイビングしたことはありません。

 

イコールで、彼女の稼ぎに貢献したことはないのです。

 

にも関わらず、この数々のステキアドバイス&惜しみないレンタル。

 

「いつか自分の店を持ちたい」という未来を見ている女性なので、彼女がショップをオープンさせたら、すぐにそちらで潜る所存。

 

そして、彼女のような人と出会えた事に、心底感謝。

 

f:id:mignon216:20171003235856j:image

彼女からのレンタル品の数々。

 

 

しかも、「いつまでに返せばいい?」って聞きましたら、「いつまででも、いいよ」って。

 

ほ、惚れてまうやろーーーーー!!(2回目)

 

てなわけで、明日は体験ダビングに友人を誘導かつ、シュノーケルガイドしてきます!

 

 

 

イルカいないかいないかイルカ

ここ数ヶ月、1ヶ月に1度の頻度で行けているダイビング。

 

今月は、伊良部島で3ポイント。

 

宮古島らしい地形ダイビングでした。

 

f:id:mignon216:20170924121501j:image

良い青空、青い海。

 

 

先週の台風18号の大暴れで、昨日までは海が濁って視界は非常に悪かったそうで、「昨日との差に驚く!」と、インストラクターさんも嬉しそう。

 

f:id:mignon216:20170924121731j:image

 

今回は、レスキューダイバー講習中の方がいらして、ポイント移動の合間に講習項目のひとつを。

 

近いうちに自分も受ける予定なので、じっくり見学。

 

海面に浮かんでしまった意識不明者と思われるダイバーを救助し、ボートへ引き上げる…という内容。

 

リアルな時は、身体についているアイテムはどんどこ捨てて身ひとつ状態にしますが、講習なので傍のインストラクターさんにアイテムの全てをお渡しします。

 

そうして人工呼吸しながら船まで連れてきて、船上で引き上げをしてくれる人と共に対象者へ応急処置をする…というやつです。

 

今回の受講者さんは男性、対象者役も男性でこちらはアシスタントインストラクターさん。

 

いわゆる、死んだフリをしなくちゃならないので、とても大変らしいです。

 

死んだフリというか、死にそうな人のフリというか。

 

とにかく、自ら動いてはいけないので、船のヘリやらラダー上の段差にぶつかってようが耐えるしかない…みたいな。

 

ちなみに、今後プロを目指す上でインストラクター資格にトライする時もまたやる講習だそうで。

 

 

いやしかし、あの濡れたウェットを着た人間を牽引して船に上げる…なんて、ワタシの腕力で果たしてできるのか…。

 

もう今から懸垂とかしてもできないんじゃないかと、ソワソワ。

 

一番体重の軽い人が対象者役になってくれないだろうか…と考えていたら、ふと、「俺を担いで泳げ!」と言ったシーズンのインストラクターさんが身長だけでも180センチ以上あるのを思い出し、とりあえずあのインストラクターさんが戻って来る前に受けよう!と決めました。

 

あの人を引き上げられたら、だいたいの人は引き上げられるんじゃ…と考えたのも束の間、「それ、たぶんアナタが沈んじゃいますよ」との事にて。

 

f:id:mignon216:20170924123002j:image

ホールとかケーブが多い宮古島のポイント。

探検感多し!

 

 

f:id:mignon216:20170924125515j:image

パイナップルウミウシさんや…

 

f:id:mignon216:20170924125647j:image

コイボウミウシさん…

 

フワフワと水中を浮遊しているヨゾラミドリガイさんを見つけて、着地するやパシャリ。

f:id:mignon216:20170924125844j:image

 

 

さらに、インストラクターさんがモンツキカエルウオを見つけてくれました。

f:id:mignon216:20170924130010j:image

ヒョコッと顔を出しているのが、ラブリー。

 

 

 

素晴らしい透明度でウハウハしながら船上へ帰ってきましたら、途中、急に騒がしく。

 

「イルカだ!」という声に、カメラを掴んでダッシュするインストラクターさんとアシスタントインストラクターさん達。

 

まるで、容疑者の潜伏先に突入する刑事さんかに。

 

ワタシもヘッポコ婦警の氣持ちで、船首側へダッシュ。

 

というわけで、動画から切り出したのが、こちら。

 

f:id:mignon216:20170924130459j:image

 

数頭のイルカが船に絡むように泳いでくれて、時々ジャンプ。

 

f:id:mignon216:20170924130629j:image

 

もう大興奮でキャーキャー言ってしまい、非常にやかましかったと思われ。

 

しかし、初めて見る水族館以外でのイルカには、キャーキャー言わずにはいられませんでした。

 

 

イルカは波動の良い所にしか現れないそうなので、極端に回復した透明度と言い、この日のダイビングはウルトララッキーダイブだったのです。

 

f:id:mignon216:20170924130916j:image

水中ハート。

 

 

 

 

 

台風一過の、そのあとで。

まあ、そんなわけで50年に一度の規模の雨量を記録したらしい台風18号

 

なんだっけ。

 

えーと、宮古島の1年間の総降雨量の2倍を2日間で降らせたとかナントカ…。

 

とにかく、いっぱい降らせたってことです。

 

 

電氣の復旧もし、冷蔵庫問題もそれほどではなく。

 

街中の荒れ具合はまだまだだし、物資不足で小売店の棚に隙が多い事をのぞけば、だいたい落ち着いてきたのかな…と。

 

滞在されまくった2日間から、さらに3日以上経ってますが。

 

さて、ホテルの駐車場に停めたままだった愛しのマイカーは、他の車同様、飛んできた小枝、葉っぱ、椰子の繊維がこびりつきまくり、ドアや窓とその周辺のゴムやら隙間やらに、よくもまあこんなに詰めたねって惨状だったので、塩害も考えて洗車しました。

 

…が!!

 

f:id:mignon216:20170917021303j:image

 

と、取れてない。

 

 

しかも、とっくに台風そのものは次の土地へと向かっているはずなのに、一昨日の島内には島風とは明らかに違う台風の名残りのような風が吹いて、身体が押されていきました。

 

油断していると車のハンドルも持っていかれるくらいに。

 

そんな強風なので漁船も出られず、魚が上がりません。

 

那覇から来た物資船は、ほとんどが時間を氣にする必要がない物ばかり積んでいたとか。

 

完全なる日常に戻るのには、まだ時間がかかりそうです。

 

ポツリポツリと戻っていく日常。

 

その中で、きっとまた忘れがちになってしまうのでしょうが、電氣とかガス、水道、滑らかに走れる道路、いつもの景色も【当たり前】ではないのだと、それらがない事への不便さと共にありがたみを感じました。

 

自然の力は、そういう事を教えてくれ、台風は島の浄化をしてくれます。

 

 

 

あ、今回の18号は、浄化ついでに、ワタシの車のワイパーを破壊していきました。

 

 

何してくれてんのーー?!