読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

法螺吹きみっちょん

手仕事

とある海人とお話している時、彼らが着けているアクセサリーの話題になり、それはヘンプ(麻)で磨いた貝殻を包み編みしたようなのだったり、サメの歯を加工したものだったり。

 

実は、ワタシもヘンプに限らず刺繍糸やジュート、革紐などを編んだアクセサリーや雑貨を作ります。

 

そんな中、「うちの嫁が山伏の家系で、法螺貝を吹く行事みたいなのがあるんだけど、その法螺貝を斜め掛けにぶら下げたい」と。

 

山伏の家系?!

 

法螺貝を吹く行事?!

 

もう、いきなり飛び道具ですか的な無茶振り来ました。

 

ウソをつく事を「法螺吹き」などと言いますが、調べてみると法螺貝の音が思いのほか大きいことから、できもしない事を得意だと言ってみたり、1を10としてみたり…と「話を盛り過ぎ」てしまう事なんだとか。

 

山伏は、山に入る際に法螺貝を吹いて獣避けや、他の山伏に居場所を知らせるほか、宗教的な理由もあるらしく、日本以外でも法螺貝を吹く国はいくつかあるみたいです。

 

実際にちゃんと音を出すのは、なかなかに難しいようですが。

 

 

…で、実際に件の法螺貝を見せていただきました。

 

f:id:mignon216:20170116024700j:image

 

法螺貝って美味しいのかな…などと考えつつ、クルンとしてみます。

 

f:id:mignon216:20170116024758j:image

 

吹き口加工済み。

 

てなわけで、何氣ない会話から手仕事をひとつ承り。

 

 

しかしですね、法螺貝を編んだ経験は皆無ですから、用意する麻紐の長さも手探り。

 

毛糸と違って《紐を足す》というのは原則やりません。

 

長過ぎれば余るだけですが、短ければイチからやり直し。

 

とりあえず、本体できあがり。

 

f:id:mignon216:20170116024932j:image

 

ここからは、斜め掛けするためのストラップ部分。

 

過去最高の長さの紐と大格闘。

 

1本の麻紐の長さを、計算式で13メートルほどと算出。

 

それを6本作りました。

 

切るだけで部屋中を使う大騒ぎ。(1人で)

 

その中心部から編み始めるので、今度は中心部を見つけるために7.5メートルあたりを計ります。(1人で)

 

あまりに長過ぎるため紐の先端をくぐらせる系の編み方は却下。

 

鳳尾結という編み方を6本取りで。

 

もちょもちょ、じみじみ、もちょもちょ、じみじみと繰り返すこと数時間。

 

さらに、ちょっと洒落っ氣を出してウッドビーズなんて着けてみたりして。

 

 

はい、できあがり。

f:id:mignon216:20170117023317j:image

 

 

 

ちょっぴりの後悔

ハート 仕事

以前働いていたマッサージ店のスタッフさんから、突然、電話が掛かってきました。

 

勤めていた頃、ワタシの施術を覚えたいと切望したそのスタッフさんのお願いで、施術そのものを撮影した事があるのですが、それを録画したDVDをまた別なスタッフ数人が欲しがっているのでコピーしてもいいだろうか?…というような内容。

 

ワタシが去って軽く半年以上経っているので、まさかそんな了承を請われるとは思わず。

 

その動画の話をされても思い出すのに時間が掛かってしまうくらい、そんな撮影した事さえ忘れていました。

 

しかも、ワタシはそこでインストラクターをしていたわけではないのです。

 

でも、ワタシのスタイルを覚えたいと思ってくれる人が複数人いるなんて、これはなかなか嬉しいことだなぁと。

 

「どうぞ、どうぞ」と、「それでもわからないところがあれば、時間さえ合えばお教えしますよ」と電話を切りました。

 

いやあ、こんなことなら撮影時、もっとおめかししておけば良かったです。

 

うっかり何かの拍子に独身でイケメンな石油王か何かの目に触れるようなことがあるかもしれないっていうのに!!!

 

 

 

 

 

 

…すみません、何でもないです。

 

 

 

初、海へと

Under Water グルメちっく 宮古島 水中行脚 離島ライフ ハート

新年、初海へと行ってまいりました。

 

先日までは夏のような陽氣ではありましたが、それも段々と下り坂。

 

曇天、氣温20度、北風強し。

 

とは言え、意外と水の中は温かで入ってしまえばこっちのもの。

 

少し深さのあるポイントだったので、今日はウエイトも着けました。

 

せっせとティラザを集めます。

 

1時間半程度がんばりまして、ポイントを変えようかとウェットスーツのまま移動しましたが、潮の流れが早くなってきたこと、水温などを考えて引き上げ決定。

 

せっかくなので温かいものを食べようと、伊良部の有名なお店へ。

 

f:id:mignon216:20170110123153j:image

 

ぐるーりと、海沿いを巡って一度、お家へ帰ります。

 

 

 

器材と自分の塩抜きをしまして、夜には集めたティラザがいつものお店のテーブルに。

 

f:id:mignon216:20170110123246j:image

 

なんと名人が採ったらしい、シャコガイと同じお皿に。

 

 

 少しばかり家事をしてからお店へ行きましたら、「アンタ、なんでこんなに来るの遅いか」とちょっと叱られました。

 

「お水を買いに行ったりしていたのよ」と言うと「お水なんか、ここで汲めばいいさ!」。

 

 

何となく実家のお父さんに叱られているような氣分で、ティラザとシャコガイを噛み締めました。

 

 

初笑い

グルメちっく 宮古島 離島ライフ

年明け最初の、お世話になりまくりな居酒屋さんへのご挨拶。

 

お電話で「早くおいでー」と言われて、いそいそ。

 

酢じめにしたお刺身、あぐー豚の炒め煮、ウインナーと卵のソテーなどが並んでいました。

 

着席するやマグロのマース煮が。

 

f:id:mignon216:20170104223944j:image

 

アタマとシッポ。

 

これがまた美味なわけで。

 

「みんな、みっちょんが食べれよー、お肉もなー」と、マグロの目玉をクルリ。

 

DHAたっぷりですね。

 

新年早々、宮古島的ブラックジョーク(ブラック過ぎて書けません)が飛び交う中で大笑いして、これにて初笑い。

 

 

食べきれなかったあぐー豚を「明日のお弁当にしてもいい?」と聞きましたら、ご飯まで詰めてもらえました。

 

ありがたや。

 

 

明日は、沖縄の一足早い成人式です。

あけおめことよろさくおせな話

新年あけましておめでとうございます。

 

どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

 

昨年は、大変お世話になりましたってことで、宮古島へ移住して初の年末年始というやつです。

 

宮古島ですから、やはり年越しそばは宮古そば。

 

しかしですね、職場が年中無休かつ、世間がお休みな時に忙しいホテル事業なため、12月30日から怒涛の予約ラッシュ。

 

高速道路、新幹線、飛行機、うちの職場くらいの順をつけていいんじゃないかってくらい、予約台帳埋まりまくり。

 

新年も三が日までは相当忙しいらしく、元日の予約は既にめまいがするレベルです。

 

お坊さんも走る師走。

 

日々の相棒であるスマートフォンの寿命が限界値に近づき、もういつブラックアウトしてもおかしくないところまで達してしまわれたので、止むを得ず機種変更することにしました。

 

すると、契約している会社の歳末ガチャポンなんてイベントに突撃してしまったらしく、そのガチャポンで当たる商品で個人的に魅力的なものは既に旅立っていて、担当窓口のイケメン曰く「お客様なら、ヘアアイロンがいいと思います」と、4等のヘアアイロン推し。

 

うん、それはちょっと欲しいかも。

 

 

と、ガラガラポン!!

 

おめでとうございます!!

 

2等!!巨大クマぬいぐるみです!!

 

、、、、巨大クマは、欲してなかったです。

 

 

まあ、でもせっかくなので車の後部座席占拠されつつ。

 

最終的に、巨大クマを欲している方に差し上げました。

 

お返しにと、三日月型抱き枕サイズのクッションをいただきました。

 

これがまた、フワフワにモフモフな。

 

しかも、ベッドパッドと色味がマッチング。

 

f:id:mignon216:20170101035756j:image

 

さて、大晦日、10時間勤務というイレギュラーを終えて空腹訴え、年越し宮古そばをいただきました。

 

そして、宮古神社への初詣としゃれこみ。

 

 

その前に、ハリ水御嶽さんへもお詣り。

 

御嶽は、ウタキと読みまして、神社とは違う神様というか崇め奉るべき存在で、ハリ水御嶽は漁師さんやマリンショップなど海と関わる人たちには大切な場所のひとつです。

 

ヘナチョコながらダイバーの端くれ、しっかりお詣りしてきました。

 

f:id:mignon216:20170102011341j:image

 

ベランダからの初日の出を拝みまして、元旦の朝を迎えました。

 

さあてさあて、2017年はどんな年になりますやら。

 

 

何卒、本年もよろしくお願いいたします。

 

f:id:mignon216:20170102011509j:image

釣人(つりんちゅ)

グルメちっく 日常 水中行脚 宮古島 離島ライフ

小学、中学あたりまでは割と釣りをする機会がありまして。

 

田舎だっただけに、子どもだけでも行ける範囲にヤマメアカハラなどが釣れる沢がありました。

 

釣具屋さんに自転車で乗り付けて数百円の釣り餌を買い、川っぺりにて釣り糸を垂らすわけです。

 

釣れても釣れなくても良いという感覚だったからか、釣果は悪くなかった記憶。

 

 

"待つ"という動作が苦じゃない性格故か、釣れなくても黙々と竿を見ていられました。

 

すると、その辺りでは有名な釣り名人が竿をくれたりするのです。

 

小学5年生の時に貰った釣竿は、しばらくの間、宝物でした。

 

川釣りだと、ヤマメ、アカハラヤツメウナギ、湖ならワカサギ、海なら砂ガレイ、カサゴなど。

 

沖釣り以外は、それなりに行きましたが、高校生になるとパッタリ行かなくなり、これまで一度も行くことなく。

 

シュノーケルなどしていると、持って行かれた結果の釣竿や仕掛け、ルアー、釣り糸や釣り針がよく落ちています。

 

実際、思いもよらぬ大物が掛かってしまい、竿ごと持って行かれることも珍しくないようで。

 

そんなわけで、宮古島にてやってみたかったことシリーズの【釣り】。

 

 

同じ職場にて、「昔は、よう釣りよったで」と豪語するネーネーに懐いて、釣竿をちょうだいし、「いっちょ、行こかい」と連れて行ってもらいました。

 

 まあ、でも、まずは。

 

腹ごしらえということで。

 

f:id:mignon216:20161218221541j:image

 

なかみソバです。

 

御察しの通り、なかみとはモツのこと。

 

こちらではモツたっぷりの汁物がスタンダードなお祝い料理だったりします。

 

どんな下拵えをしているのか、臭みもまったくなし。

 

このお店の前には、チョイ悪シーサーが。

f:id:mignon216:20161218221754j:image

 

 

釣具屋さんでちょっとしたレクチャーを受けた後、豪語ネーネーの運転で西側へ。

 

まんま、西浜(ニシノハマ)という場所に到着。

 

ネーネーの濃いめなお知り合い海人(ウミンチュ)がワラワラいらっしゃる。

 

f:id:mignon216:20161218221952j:image

 

家の真ん前に、この景色。

 

そこで、釣り糸タラリ。

f:id:mignon216:20161218222035j:image

 

釣具屋さんで買ってきたエサは、とことん海人らに首を横に振られ、近場の購買で3匹150円という格安サンマをゲット。

 

これを切り身にしてエサにします。

 

針を投げて10分ほどにて「かかったーー!!」という手ごたえあり。

 

少しばかり遊ばせてからリールをクリクリ回します。

 

f:id:mignon216:20161218222310j:image

ワタクシ、1匹ゲット。

 

17センチあるかないかの可愛らしいサイズ。

 

f:id:mignon216:20161218222356j:image

 

海人たちいわく、「1年目ってとこかな」と?

 

実際、大きくなると最大90センチくらいにはなる模様。

 

可愛らしいなりにも、とりあえず釣れたから!!

 

どっこい、ここからは誰も釣れず、釣れる空気感さえなくなりまくり。

 

海人ニーニー達は、やたらに歓迎ムードで「忘年会しよー!」とお酒やおつまみを続々と出してきちゃう。

 

夕陽を眺め、「夜釣りになっちゃうけど、港に行ってみよう」と豪語ネーネーと共に某港へ。

 

 

しばらくして、7センチ程度の小魚が釣れました。

 

…が、そのお魚が食べられる魚か分別つかず。

 

 

結局、小柄なタマンのみで初チャレンジ終了。

 

 f:id:mignon216:20161221231141j:image

 

その小柄ベイベーを馴染みの居酒屋さんにてマース煮にしていただきました。

 

豪語ネーネー曰く、竿の操り具合なども含めて「センスあるよ!」と豪語していただきまして、次回はもう少し大物、もしくはもう少し数を増やす方向で頑張りたいと思います。

 

ネーネーの名言は、「釣りは遊びじゃない!」でした。

 

確かに、お魚の命をいただくのですから、心して続けたいと思います。

 

 

 

 

キミにお熱

日常 仕事

社内試験、終わりました。

 

一般常識、時事問題、一般英語なども含めた試験で、「一般英語」って何?!状態で、それらしい解答用紙となりましたが。

 

 

さて、この試験が終わって数時間後、なんだかダルい…すごくダルい…、いや、かなりダルい!!

 

なんだろう…熱っぽいような氣がする…。

 

節々が痛い…ような氣がする…。

 

「なんだか体調が急に悪くなってきました」と言うと、「オーラが風邪っぽくない?」と言われました。

 

オーラが風邪っぽい!!!

 

正直、どんなオーラなのやらさっぱりわかりませんでしたが、「少し横になってなよ」と言う先輩のお言葉に甘えて、コロン。

 

先輩からは、ほぼ風邪を決めつけられましたが、喉も痛くない、クシャミも出ない、悪寒とかもない、咳も出ないと、無い無い尽くしで、ふとよぎるのはかつて患った腎盂炎

 

猛烈な熱以外に何も症状らしきがなく、病院にて「何かないの?!」と詰め寄られ、「そう言われれば、ほんのり腰が痛いかもしれない」と言った直後に軽く叩かれた腰から脳天を突き抜けた激痛。

 

「即入院!!今、入院!!とっとと入院!!!」と、飼い猫の存在を訴えて一時帰宅を願うも棄却された記憶。

 

自分の腰をトントンしてみるも、特に反応なし。

 

「調子悪いなら早退したら?」とのことで、謎の発熱ぶら下げて帰宅。

 

 

計ってみましたら、38度近い。

 

そりゃ、ダルいはずですよ、と。

 

翌日がお休みだったので、風邪らしき症状は何にもないけれど、とりあえず風邪薬を飲んで寝てみました。

 

勝手に目が覚めるまで寝て起きて、まだほんのりダルい感覚はあるものの、だいぶスッキリ。

 

体温計は、37度あたり。

 

微熱。

 

お休みバンザイで、洗濯だけはがんばり、あとは宅配便を受け取ったり、宅配便の正体がはるばる北海道から来たママゾンだったので、お礼のお電話したり。

 

 

夕方には残っていたダルさもなくなってはいたものの、何度か体温計測。

 

36.8度。

 

何回計っても、36.8度。

 

歌って踊れそうなくらい元氣になっても、36.8度。

 

モリモリとご飯を食べながら、ふと思いました。

 

36.8度が今のワタシの平熱なのでは、と。

 

うん、かもしれない。

 

 平熱が高いと風邪ひきにくいとか、ガンになりにくいとか、免疫高いとか、なんか良いっぽいし。(ザックリ)

 

やったね、お熱!