読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

全力謝罪

普段、そうそう飛行機には乗りませんが、今回は初のLCC搭乗。 成田空港発着になることや、そこからの移動なども考えると料金的にはそれほど変わらなかったのですが、那覇での乗り換えのタイミングとか東京での滞在時間にずいぶんと差があったので、ドキドキ…

おら東京さ行くだ。知らんけど。

2016年の2月に東京から宮古島に移住しちゃったので、宮古島在住1年と4ヶ月。 その間に宮古島を出たのは、1泊2日の那覇だけ。 都市銀行があることや、コンビニエンスストアのバリエーション、全国展開しているチェーン店の存在にいちいちハイテンションになり…

フレンチカンカン

ワタシの職場は、リゾートホテル内のスパという特性上、一般的な街中にあるマッサージ店などに比べると外国人の利用率は高いと思います。 今まで担当させてもらったのは、韓国人、ドイツ人、アメリカ人、イギリス人、中国人、そして、フランス人。 韓国人の…

真夜中のジングル

ずーっと衣装ケース一つ分占領していたCDとDVDを整理しようと、やけに場所を取るファイルから紙ケースタイプに切り替えまして、やっと9割方片づきました。 紙ケースが足りなくて、まだ半端な扱いになっているDVDが数枚ありますが、それも近日中には。 次いで…

ちゅーの季節

雷がゴロゴロ鳴り、あっと言う間に濃灰の雲がかかり、真っ昼間にも関わらず、灯りを点けるか迷うような空。 パラリと聞こえたかと思えば、その直後には、まさにバケツをひっくり返したような…と言うなら、そのバケツはかなりの大型業務用。 そんな豪雨ととも…

ニュースな男

にしのあきひろという人を知っていたかと問われれば、「えーと、キングコングっていうお笑いの人でしたっけ?」のレベルで、今もそんなに変わってはいないのですが。 まあ、そのにしのあきひろさんが、宮古島へとやってきました。 芸人でありつつ、絵本作家…

ヨルノトバリ

夕暮れのビーチで待ち合わせしまして、今日は初めてのナイトダイビングです。 夜の海って、なんとも神秘的かつ、ちょっと怖いような。 珊瑚の産卵を期待しての、大潮の夜。 ビーチに着くと、太陽が少しずつお別れを告げていきます。 日中30度を超えたらしい…

あんよはじょうず。

猛烈に忙しかったゴールデンウィークが終わりまして、まさに祭りのあと的な静けさがかえってきました。 宮古島は間も無く梅雨入りですので、その間は冬ほどじゃないなりに静かな時間を過ごすことになります。 さて、今月末に前職場で知り合って仲良くなった…

花と海と虹

リゾートホテル内のスパの宿命とも言うべき、ゴールデンウィーク死ぬほど忙しい現象が、終わりました。 年末年始も忙しかったのですが、年末年始なんて5日間程度。 どっこい、ゴールデンウィークは10日間くらいあるので、もうスタッフ一様にゲッソリ。 予約…

こちらの世界へようこそ

潮の加減で午前中に海に行こうかなんて話していたのに、激しめの雨と予報より強い風に断念しました。 「小潮だし、今日はやめておきましょうか」なんて当たり前に言うようになりましたよ、生意氣にも。 先日のオマケ的存在としてのダイビングは、オマケの分…

向日葵と秋桜

さーてはて、いい歳こいて傍から見たら「は?」みたいな壮大な(大袈裟)夢をブラブラさせて、実際に海近くに住んでいますが。 ダイバーって、たぶん、男尊女卑的な意味でもなく、男女雇用均等法な意味でもなく、男性向けの仕事になってしまうと思います。 …

好きな人の話

タイトルは、ちょっとキュンとしちゃう系かもしれませんが、恋愛的な話ではありません。 特に密度高くコミュニケーションをとったり、とれる手段もないのですが、「いやー、この人、好きだわ」と思う人が数人。 男性のみならず。 その内の3人はカメラ絡みで…

提琴櫻

宮古島に移住してしばらく。 街道や職場の敷地内に咲く、何とも魅力的な色をした花を見つけました。 提琴桜、またはインドザグラ、ナンヨウザクラなどと呼ばれています。 サクラと言っていますが、サクラではありません。 また、ナンヨウザクラと呼ばれてい…

なぜか突然、毛の話。

以前、リフレクソロジーのメニューがあるお店で働いていた時のこと。 ものすごいハンサムとかは案外来ないものでしたが、なかなかの美女は、それなりの割合で来店。 リフレクソロジーの範囲にもよるんですが、膝が出る長さのショートパンツに着替えてもらい…

マースの行方

沖縄がなのか、宮古島がなのか、その辺が曖昧ですが、塩のことをマースと言います。 魚を丸ごと塩と水だけで煮る料理がありますが、当然、マース煮と言います。 島の塩、シママース。 塩ですから、基本活動は調味料でしょう。 が、お清め塩なんて言いまして…

ジェットコースターなら、まだ2回目の坂のてっぺん。

「どうしてまた、宮古島に住もうと思ったんですか?」 施術を受けに来られたゲストからも、よく聞かれる質問。 「海がー」「ダイビングがー」と話をすると、「これだけキレイな海ですものね!!でも勇氣のある決断よねぇ!」的な内容のリアクションが来ます…

違う、そうじゃない。

風邪をひいてしまいました。 朝、目が覚めた時に喉に違和感を持ったのは確か。 そして、その原因にも少々思い当たる節が。 前日、知人から依頼されていた製作物を届けるため、普段の通勤よりは長く運転しまして、その最中に音楽流しながら熱唱っていうか、車…

脱出大作戦

海中写真と洒落込みまして、なかなか可愛らしい出会いを堪能。 ジッと動かない…コクテンフグと思しき。 サンゴがヘアアクセサリーみたいな位置にあって、ラブリー。 いつ見ても綺麗な青。 ハタだと思われるキリッとしたヤツ。 シャコガイさん。 2時間も入っ…

大潮海中散歩

もう数日で海開きです。 今日は氣温はそれほどでもない割に晴れ晴れとしていて、海岸沿いには観光客らしい人たちでそこそこ賑わっていました。 透明度透視度共に高い海でいられるのも、あと1ヶ月くらいでしょうか。 水温と海に入る人の数に反比例して、透明…

イタダキマン

以前のワタシは、何か特別な理由なく「貰う」というのがとてつもなくヘタクソでした。 誕生日とかクリスマスプレゼントといった「理由」があればそんなこともないのに、親族からでさえヘタクソっぷり発揮。 今は亡き祖母が珍しく一緒に買い物に行って「何か…

海中熱視線

ここ最近のダイビングは、講習やら体験ダイビングにオマケのようにくっついていくシリーズです。 オマケ価格にて、ザブーンしています。 オマケ、万歳。 キラキラのビーチに、ダイバーのシルエット。 てぃださんさん、いいね、いいね! ザブーンして、しばら…

魔除けまくりまくるオンナ

沖縄と聞いて思い浮かべるのは何でしょう? 青い海?(曇ってたら、鉛色) 青い空?(曇ってたら、灰色) ビーチの白い砂?(ビーチによる) テビチ?ラフテー?ミミガー?(要するに豚さん) サーターアンダギー?(球体ドーナツ) ちんすこう?(ラードと…

みっちょんは、大法螺吹き。

12月に出会った海人さんから頼まれて、初めてやった法螺貝の網掛け。 「実は、大きいのもあって、それもお願いしたい」との事で、お預かりしてきました。 大きさ比較のため、隣に文庫本を置いてみました。 なかなかに、ズッシリとしております。 うむ、大き…

ぼっちか3人寄ればか。

ブログでは、まるで毎日海に行っているかのように見えるかもしれませんが、そんなわけあるはずもなく。 週のほとんどは勤労しております。 肩書きとしてはセラピストになっていますが、リゾートホテル内のスパという特性上、どちらかと言うとエステティシャ…

しおしおのぱー

宮古島には、ライフガードがいません。 リゾートホテルが管轄しているごく狭い範囲に、限られた時期時間はいる例外はありますけれども。 なので、海でアクシデントになったらオール自己責任です。 キレイな海ですよ。 悲しいかな、旅行という日程の決まった…

海に行ったら、常にワイワイ。

「明朝、ワイワイビーチにて集合!」とのお声掛けをいただきまして、やって来ました、ワイワイビーチ。 名前に反して、あんまりワイワイしてませんけれども。 物静かな、ワイワイビーチ。 魚も少なめで、サンゴもそれほどでもなく、要するに地味な。 でも、…

それは、またのお楽しみ。

宮古島に来て、二度目のお誕生日を迎えました。 眩しすぎる太陽! 暑いくらいの氣温!! うーーーみーーーー!!! 数カ所行ってみまして、波の動きやら高さやらそんなのを考えて。 水中で写真を撮る練習を兼ねたシュノーケルにて、安全性の高い所にしました…

マイファニーバレンタイン

ホワイトデーには、3倍返し。 なんて言いますが、これは一体、どなたが何を根拠に言い出したのでしょうか。 婚約指輪は、給料の3ヶ月分でしたか? 3年目の浮氣、三日坊主、石の上にも三年。 どんだけ、『3』が好きなのか。 しかしですよ、100円のチョコなら3…

『ん』からはじまる最強。

日本語は、『ん』で始まる言葉はない…と聞いたことがあります。 それはそれは、ワタシがまだ可愛らしさ満載だった小学生の頃。 何かの作文で父と母の会話にて、父が「ん…」と中途半端な返事をした事を書いた時、先生から「日本語に『ん』から始まる言葉はな…

人を選ぶ島

聞いた話によると、宮古島という島は『人を選ぶ』そうで。 クリスタルブルーの海と、のんびりとした温暖氣候に憧れて移住してくる人は少なくないものの、半年どころか3ヶ月保たずに去る人、それなりの深さに根を張る人とハッキリ差が出るそうで。 離島での生…

ウフフな生活。

宮古島に来て、1年以上となりましたが、未だに行っていない所なんかたくさんありまして。 雲は多いなりに、太陽もチラチラしていた休日、ちょいと遠出をしてみようと。 目指したのは、東平安名崎という岬です。 ひがしへんなざき、と読みます。 青矢印が目的…

的な、話。

宮古島に移って、2年目突入。 移住からの1年で、4回もの移転をしたわけで。 まず、シェアハウス的な一戸建て、地元ネーネーの家に間借り、会社の寮、現在の賃貸物件。 その『現在の賃貸物件』に引っ越す際、《たまたま》島を離れることになった人から家電家…

海の学校

さて、1年前の今日。 ワタシは、トランクひとつで宮古島へと移住しました。 宮古人、2年生になるわけです。 当初、予定の転職活動に何度も横槍が入る謎の時間がありましたが、現状、とりあえずゴハンは美味しくいただけているわけで。 この1年は、沖縄的収入…

鍋のち、カレー。

「今日は、鍋だよ」という電話がありまして、いそいそとおなじみの居酒屋さんへ。 牛肉、豚肉、鶏肉、鶏団子、アサリ、イラブチャー、溢れんばかりの春菊、豆腐、白菜、下仁田ネギ、シメジ、うどん。 そこに、キムチどっさり。 なんとも贅沢なお鍋。 たくさ…

法螺吹きみっちょん

とある海人とお話している時、彼らが着けているアクセサリーの話題になり、それはヘンプ(麻)で磨いた貝殻を包み編みしたようなのだったり、サメの歯を加工したものだったり。 実は、ワタシもヘンプに限らず刺繍糸やジュート、革紐などを編んだアクセサリー…

ちょっぴりの後悔

以前働いていたマッサージ店のスタッフさんから、突然、電話が掛かってきました。 勤めていた頃、ワタシの施術を覚えたいと切望したそのスタッフさんのお願いで、施術そのものを撮影した事があるのですが、それを録画したDVDをまた別なスタッフ数人が欲しが…

初、海へと

新年、初海へと行ってまいりました。 先日までは夏のような陽氣ではありましたが、それも段々と下り坂。 曇天、氣温20度、北風強し。 とは言え、意外と水の中は温かで入ってしまえばこっちのもの。 少し深さのあるポイントだったので、今日はウエイトも着け…

初笑い

年明け最初の、お世話になりまくりな居酒屋さんへのご挨拶。 お電話で「早くおいでー」と言われて、いそいそ。 酢じめにしたお刺身、あぐー豚の炒め煮、ウインナーと卵のソテーなどが並んでいました。 着席するやマグロのマース煮が。 アタマとシッポ。 これ…

あけおめことよろさくおせな話

新年あけましておめでとうございます。 どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。 昨年は、大変お世話になりましたってことで、宮古島へ移住して初の年末年始というやつです。 宮古島ですから、やはり年越しそばは宮古そば。 しかしですね、職場が年中無休…

釣人(つりんちゅ)

小学、中学あたりまでは割と釣りをする機会がありまして。 田舎だっただけに、子どもだけでも行ける範囲にヤマメやアカハラなどが釣れる沢がありました。 釣具屋さんに自転車で乗り付けて数百円の釣り餌を買い、川っぺりにて釣り糸を垂らすわけです。 釣れて…

キミにお熱

社内試験、終わりました。 一般常識、時事問題、一般英語なども含めた試験で、「一般英語」って何?!状態で、それらしい解答用紙となりましたが。 さて、この試験が終わって数時間後、なんだかダルい…すごくダルい…、いや、かなりダルい!! なんだろう…熱…

試験の時間

なんやかやと人体に絡む仕事に就いて早ウン十年。 と言いつつ、普段から使わない手技や知識は忘却の彼方へ飛んでいきまして。 今の職場では手技面のみならず、知識面も定期的に試験をするわけで、ハッと氣がつけば明日は試験日っていう。 今回は、一般英語も…

せんべろ

1ヶ月ほど前、那覇で友人と会ったのですが、彼女と飲み屋の多い通りを歩いていた時。 「せんべろって何?!」と、友人が声をあげました。 「千円でベロベロになるセットのこと」と解説しましたら、彼女の笑いのツボにヒットした模様。 このせんべろ、店舗に…

クモガイの行方

海師匠Oさんと久々のティラザ潜りしてきました。 各地で呼び方は違うようですが、マガキガイというのが本名みたいです。 相変わらず腕も上がらず、大した量も取れはしませんでしたが、クモガイを発見!! しかも、師匠が網に入れているのよりふた回りほど大…

月明かりの下

星の名前や等級などはサッパリですが、星空を眺めるのが好きです。 正確には、星空っていうより宇宙が好きです。 地球込みで。 昨夜は、68年ぶりの超デッカい満月だった事に加えて北海道と沖縄以外の日本は曇天雨天で見えない地域が多かった模様。 職場から…

たんでぃーがたんでぃ

「何かそっちに売ってないもので欲しいものある?」って、那覇旅行に来た友人が言ってくれたので、ベトベトに甘えまして。 おねだりしたのが、こちら。 西友のカレー。 東京在住中、とにもかくにもお世話になった西友。 無印のカレーは、彼女のオススメ。 宮…

島人(なりかけ)

さて、那覇に一泊しまして。 翌日は飛行機の時間まで何ヶ所か行きたい所がありましたので、どうルートを取ればスムーズかを考えてみたり。 謎のマスカラに衝撃受けてみたり。 ちょうどウチナーンチュ大会開催日程でもあったので、そのために人出が多かったの…

チャラ太郎

夏の盛りの頃でしたでしょうか。 東京から友人が沖縄旅行に行くとの連絡が。 女性3人旅なのだけれど、彼女以外の2人とは別行動になる時間はあるが宮古島に渡るだけの時間はない、むしろそっちから那覇には来れないだろうか?と言う。 実は、宮古島以外の沖縄…

髪はなが〜い友達

なんかそんなキャッチコピー?みたいなのがあったんですよ、たぶん。 まんま育毛剤のCMでしょうか。 それとも、「髪」という漢字を覚えるための手段かな。 「立って木を見る親子連れ」的な。 ワタシが勤めている会社に、実際苗字に「神」という文字が遣われ…

ナイチの話

北海道民と沖縄県民は、本州のことを、「ナイチ」と呼びます。 片や北の果て、片や南の果て。 なぜに、両者が本州を「ナイチ」と呼ぶのかは、歴史学者にお任せするとして。 ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、ハクサイ、チンゲンサイ、ホウレンソウ、リンゴ、…