永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

日常

イルカいないかいないかイルカ

ここ数ヶ月、1ヶ月に1度の頻度で行けているダイビング。 今月は、伊良部島で3ポイント。 宮古島らしい地形ダイビングでした。 良い青空、青い海。 先週の台風18号の大暴れで、昨日までは海が濁って視界は非常に悪かったそうで、「昨日との差に驚く!」と、イ…

台風一過の、そのあとで。

まあ、そんなわけで50年に一度の規模の雨量を記録したらしい台風18号。 なんだっけ。 えーと、宮古島の1年間の総降雨量の2倍を2日間で降らせたとかナントカ…。 とにかく、いっぱい降らせたってことです。 電氣の復旧もし、冷蔵庫問題もそれほどではなく。 街…

エアコントラブル500円。

とある朝、ポトッポトッポトッ…という水滴が落ちているような音に振り返りました。 ……? ……はっ?! ………はぁぁ?! なんと!!南国では必需品かつ、ないと命の危機さえ感じるエアコン様から謎の水漏れ!! すぐさまマンションの管理部に連絡をしまして、駆け…

手づくラーという名のもとに

ワタシが手づくりというものに目覚めたのは、ズズイと遡って、小学校高学年あたり。 定番のお菓子作りが最初だと思われ。 たぶん。 前後して手編みのマフラーにチャレンジ。 見事なる失敗作が出来上がったものの、「毛糸もったいないんだから、ちゃんと着け…

何度目かのモテ期(かも、しれない)

人生には、少なくとも3回はモテ期があるって何かで読んだような氣がしますが、引きこもりまくりの人とか、出無精とかはモテようがないですよね。 だって、外に出ないって事は、家族以外とコミュニケーション取ってないってことですものね。 中には、家族とさ…

リンリンリリン

沖縄は、かつてアメリカ合衆国の植民地でした。 歴史の教科書に載ってました。 ジャクソ…じゃないや、フィンガーファイブという兄妹アイドルグループのメンバーは、大活躍していた当時、沖縄から県外へ仕事に行くのにパスポートを使っていたとインタビューに…

やらかしとあがいーーーー!!

セラピスト稼業の傍ら、自宅では整体や氣功を、飲食店でのバイトをしながら、とりあえず行ける時には海に行く!!…という日々です。 先日、バイト先に水分補給用のマイマグを忘れてきてしまいました。 すると…。 なんか、お供えされてました。 女将の心意氣…

エブリデイ 海!

なんだかんだ、今週は毎日、海へ。 必ずや潜ったり泳いだりしたわけではなく、足先だけ浸したり。 てぃださんさん!海日和!! 水中から空を見上げて、ブクブクブクブク。 目測、2メートル半深度にセジロクマノミを発見!! トプーンと頭を下にして、フィン…

みっちょんとナーフィの夜

ナーフィのお祝いにお呼ばれしました。 ので、いそいそとお祝い包んで、会場へ。 ナーフィというのは、おそらく宮古島だけのお祝い事で、新生児が産まれてから100日目にやります。 この日に、ごく身内以外の知人友人遠縁親戚縁者その他諸々に、お子さんのお…

クレーマーと職人の拘り。

人生初のアルバイトは、確か手ごねハンバーグが評判の良い、コーヒーショップでした。 コーヒーショップなのに、コーヒーより手ごねハンバーグ。 ちなみに、ここのアメリカンは、単にホットとして淹れたコーヒーをお湯で薄めたシロモノでした。 そりゃ、コー…

あの子に教えなくちゃ。

プロダイバーを目指す上で、どうしても避けて通れない道があります。 それは、いざと言う時、【人】を助けられるか、です。 実は、ワタシが現在所持しているライセンス(正確には資格ではありません)カードを取得するのにも簡単な救護講習がありまして、疲…

Gのアリア

小学生くらいまでは手で捕まえたり、長ネギ持ってバッタやキリギリス、バナナ持ってカブトムシやクワガタをゲットしに、原っぱや森に入っていた記憶はあるのですが、いつの頃からか昆虫の類が非常に苦手になりました。 遠目に見てるくらいならいいんですが、…

父の日に、感謝を込めて。

今年の父の日ギフトも、悩みつつクリアしました。 ワタシの実の父親は、ワタシが15歳になろうかという冬に亡くなりました。 何せ、ワタシが小学校に入るより前に酒乱になっていましたので、まあ肝臓が保たなかったのでしょう。 その後、我がモテ母は、再婚、…

朝海活、はじめました。

「明日、晴れそうだよ。朝海する?」と、職場の先輩にお誘いいただきました。 この方、ワタシと同じ北海道出身で、ワタシが憧れるダイビングインストラクターだったことがある女性。 とは言え、札幌という北海道唯一の都会っ子ですので、最低氣温はせいぜい…

らくごのご

毎年、沖縄本島、その他、離島もそれなりに回ってきたそうですが、なぜか宮古島には縁がなかったっていう立川志の輔が、落語をやりに来てくれました。 宮古島移住して、立川流の落語が聞けるとは思わず、喜び勇んでチケットを買いに行きました。 満席御礼完…

宮古の子

さて、3泊4日の東京から戻りまして、「ただいま、我が家」と部屋のドアを開けたらば、なんと居室の電灯が点いておりました。 誰もいない部屋を煌々と照らしてくれていたのですね。 エアコンじゃなくて良かったです。 もしも、そうなら、来月の電氣料金に心底…

全力謝罪

普段、そうそう飛行機には乗りませんが、今回は初のLCC搭乗。 成田空港発着になることや、そこからの移動なども考えると料金的にはそれほど変わらなかったのですが、那覇での乗り換えのタイミングとか東京での滞在時間にずいぶんと差があったので、ドキドキ…

おら東京さ行くだ。知らんけど。

2016年の2月に東京から宮古島に移住しちゃったので、宮古島在住1年と4ヶ月。 その間に宮古島を出たのは、1泊2日の那覇だけ。 都市銀行があることや、コンビニエンスストアのバリエーション、全国展開しているチェーン店の存在にいちいちハイテンションになり…

真夜中のジングル

ずーっと衣装ケース一つ分占領していたCDとDVDを整理しようと、やけに場所を取るファイルから紙ケースタイプに切り替えまして、やっと9割方片づきました。 紙ケースが足りなくて、まだ半端な扱いになっているDVDが数枚ありますが、それも近日中には。 次いで…

ちゅーの季節

雷がゴロゴロ鳴り、あっと言う間に濃灰の雲がかかり、真っ昼間にも関わらず、灯りを点けるか迷うような空。 パラリと聞こえたかと思えば、その直後には、まさにバケツをひっくり返したような…と言うなら、そのバケツはかなりの大型業務用。 そんな豪雨ととも…

ニュースな男

にしのあきひろという人を知っていたかと問われれば、「えーと、キングコングっていうお笑いの人でしたっけ?」のレベルで、今もそんなに変わってはいないのですが。 まあ、そのにしのあきひろさんが、宮古島へとやってきました。 芸人でありつつ、絵本作家…

あんよはじょうず。

猛烈に忙しかったゴールデンウィークが終わりまして、まさに祭りのあと的な静けさがかえってきました。 宮古島は間も無く梅雨入りですので、その間は冬ほどじゃないなりに静かな時間を過ごすことになります。 さて、今月末に前職場で知り合って仲良くなった…

向日葵と秋桜

さーてはて、いい歳こいて傍から見たら「は?」みたいな壮大な(大袈裟)夢をブラブラさせて、実際に海近くに住んでいますが。 ダイバーって、たぶん、男尊女卑的な意味でもなく、男女雇用均等法な意味でもなく、男性向けの仕事になってしまうと思います。 …

マースの行方

沖縄がなのか、宮古島がなのか、その辺が曖昧ですが、塩のことをマースと言います。 魚を丸ごと塩と水だけで煮る料理がありますが、当然、マース煮と言います。 島の塩、シママース。 塩ですから、基本活動は調味料でしょう。 が、お清め塩なんて言いまして…

ジェットコースターなら、まだ2回目の坂のてっぺん。

「どうしてまた、宮古島に住もうと思ったんですか?」 施術を受けに来られたゲストからも、よく聞かれる質問。 「海がー」「ダイビングがー」と話をすると、「これだけキレイな海ですものね!!でも勇氣のある決断よねぇ!」的な内容のリアクションが来ます…

違う、そうじゃない。

風邪をひいてしまいました。 朝、目が覚めた時に喉に違和感を持ったのは確か。 そして、その原因にも少々思い当たる節が。 前日、知人から依頼されていた製作物を届けるため、普段の通勤よりは長く運転しまして、その最中に音楽流しながら熱唱っていうか、車…

イタダキマン

以前のワタシは、何か特別な理由なく「貰う」というのがとてつもなくヘタクソでした。 誕生日とかクリスマスプレゼントといった「理由」があればそんなこともないのに、親族からでさえヘタクソっぷり発揮。 今は亡き祖母が珍しく一緒に買い物に行って「何か…

ぼっちか3人寄ればか。

ブログでは、まるで毎日海に行っているかのように見えるかもしれませんが、そんなわけあるはずもなく。 週のほとんどは勤労しております。 肩書きとしてはセラピストになっていますが、リゾートホテル内のスパという特性上、どちらかと言うとエステティシャ…

マイファニーバレンタイン

ホワイトデーには、3倍返し。 なんて言いますが、これは一体、どなたが何を根拠に言い出したのでしょうか。 婚約指輪は、給料の3ヶ月分でしたか? 3年目の浮氣、三日坊主、石の上にも三年。 どんだけ、『3』が好きなのか。 しかしですよ、100円のチョコなら3…

『ん』からはじまる最強。

日本語は、『ん』で始まる言葉はない…と聞いたことがあります。 それはそれは、ワタシがまだ可愛らしさ満載だった小学生の頃。 何かの作文で父と母の会話にて、父が「ん…」と中途半端な返事をした事を書いた時、先生から「日本語に『ん』から始まる言葉はな…