永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425

みゃーく、3年生。

何度か、もしくは何度も繰り返しているので、「そんなん知ってるわ」って方も少なくないかもしれませんが、ワタシは、北海道道東の出身です。 流氷接岸すれば、最低氣温は元より最高氣温でさえ摂氏マイナスになる所。 最高氣温なのに、マイナス。 断熱材も、…

プール、はじめました。

泳力養成のため、いよいよプールに行くことになりました。 『はじめて プール』みたいな講習があって、さすがに初めてプールに行くわけではないですが、一応、「この『はじめて プール』って何するんですか?」って聞いてみました。 すると、「プールの入り…

クリスタルの奇跡

リゾートホテル内テナントのスパサロンで働いているのですが、当スパには少し変わった内容のコースがあります。 かなりスピリチュアル寄りというか、マッサージトリートメントというより、エネルギーワークというか。 施術スタート時にチベタンボウルなるモ…

米は喉越し

宮古島に来て、沖縄および宮古島特有の食文化にいちいちビックリしたり、ドキドキの一口目などを体験しまくっておりますが、何よりも驚いたのが、げんまいです。 ひらがなで書きましたが、玄米。 まあ、要するに米ですね。 それのどこに驚きポイントがあるの…

やっぱり、1本…足りない…。

ダイビングで着るスーツには、いくつか種類があります。 ダイビングをしたことがなくてもウェットスーツという言葉や、アイテムは聞いた、見た事がある人の方が多いのではないかと思います。 ウェットスーツは、シュノーケルやサーフィンでも着ますしね。 名…

たいようの靴下

子供の頃、靴下に穴が開いて、大抵は親指が開くんですけども、それを見つけると、母が「あ、たいようさん出てるよ」と指摘。 子供の頃なので、爪が伸びて…というよりは成長によってのことなので、少しサイズの大きい靴下を買ってくれて、穴の開いた靴下にバ…

バタコじゃない…かもしれない。

ゴハンにバター、お茶漬けにバター、お餅にバター、パンにもバター。 そんな食嗜好が露呈して「バタコさん」呼ばわりされかねない窮地(?)に陥っているワタシですが、バターよりも好きかもしれないのが…。 チーズ!!! 6ピーチーズからマスカルポーネ、チ…

チャーリーとワタシ。

最近、ステキな自転車を手に入れた事をご報告しました。 この自転車が、潮風ピープーな宮古島では信じられないくらいキレイな車体で譲っていただいたのですが、想像するに先代オーナーさんは家の中に入れるなり、ガレージをお持ちだったりしたのではなかろう…

啓示かもしれない。

どうも。 ヘナチョコダイバーです。 ヘナチョコを卒業し、プロへの一歩を踏み出すべく必要不可欠なあれやこれ。 まずは、泳力です。 ダイビングそのものを楽しむのに、泳力は、ほぼ不要。 それは間違いありません。 その性能にもよりますけれど、少なくとも…

ハニーサリーと海とワタシ。

ダイビングやシュノーケルに行くと、当然、身体が濡れます。 宮古島にはいくつかシャワーの浴びられるビーチもありますが、ほとんどはトイレすらありませんし、そもそも◯◯ビーチとして地名のついているところからエントリーするとも限りません。 だいたいは…

持ってるオンナ。

学生時代、古い本の匂いが好きで図書室に入り浸っていたくせに、古本には抵抗があるという中途半端な神経質っぷりにて。 兄弟がいないゆえ、オサガリとかもなく、中途半端神経質発揮で古着屋も行くことなく。 いつからそれが氣にならなくなったのか、今では…

初・酵素風呂!

岩盤浴やハーブテント、よもぎ蒸しなどはお試しした事ありまするが、酵素風呂というのは未体験でした。 その酵素風呂を、なぜかいつも利用させてもらっているマリンショップのオーナーさんが「始めた!」と言い、「入りに来ない?」と特別価格でご招待してく…

それは、まさに不思議ちゃん。

現在お世話になっているマリンショップとのご縁は、2015年の6月に遡ります。 初めての沖縄、初めての離島、そして、初めての本格的ダイビングっていうハジメテ物語感アリアリの。 最初からこちらのショップにアタックしたわけではなく、検索した上でいくつか…

あけおめって、ことよろる。

新年、明けましでおめでとうございます。 昨年、このブログを読んでくださった方々、ありがとうございました。 うっかり、本年も読んでくれたら嬉しいですって言うか、まあ、暇つぶしに良いだろってな感じ。 酉さんから戌さんへ、バトンタッチしましたね。 …

2017→2018

長年、接客業をやってきたせいで年末年始にお休みなんてことがまずないままの、イマココ。 大晦日は中遅番で、おそらくラストまでビッシリ予約が入っているでしょう。 翌日の元日、2日と早番なので、ラストからの年越し蕎麦ってわけにはいかなそう。 今年の…

ドライな女

生まれて初めてダイビング器材を身につけたのは、忘れもしない東京郊外、とあるダイビングショップが契約しているスポーツクラブのダイビング用プール脇。 ダイビングをやってみたい氣持ちはあるものの、溺れた記憶もクッキリハッキリ。 できそうか、そうで…

Calルックで行こう!!

初代マイカーとサヨウナラして、新たに赤いかわい子ちゃんを迎え入れたわけですが、この赤いかわい子ちゃんの前オーナーが何事かの思い入れがあるのか「ナンバー、変えませんか?」と。 どうも、そのままのナンバープレートでは引き継ぎたくない事情でもある…

ご指名願います。

外国でのお話ですが、ダウン症の女性が働きたくていくつもの会社に面接に行き、いくつもの会社から落とされ、時には面接官からひどく絶望的な言葉を投げつけられたりしたそうです。 「諦めなさい」と言う人も。 そして、彼女は、自分の会社を起こします。 雇…

REDは、イチゴのRED!

今さらかーい!!ってツッコミされそうな勢いですが、近頃…。 ダイビングが面白くて仕方がないYO!! みたいな。 宮古島移住は、完全にダイビングのせいでしたが、その奥深さにますますハマりそうになってきた…とでも言いましょうか。 さてはて、レスキュー…

髭男爵と。

11月から、ダイビング絡みについてはレスキューダイバー!レスキューダイバー!!とお騒がせしておりますが、その講習のに際に借り物のマスクとシュノーケルで行きました。 元来、用心深い性格故に自分のマスクとシュノーケルも持って行きましたが、ワタシの…

96センチの脅威とおんぶ。

先月から始まったレスキューダイバーへの道ですが、インストラクターさんが発熱ということで日程が一つ潰れましての昨日。 すっかり寒くなり、海へ入るとまず足…太ももかウエスト辺りまで入水すると「ひょえーーー!」か「はわーーーー!」か、それに類似し…

さよなら、ジャック。

マフラーの落下と異音によって、車検を半年残して引退することになったワタシの初代マイカー。 愛想のない箱型、ガンメタ系シルバー。 塩害による腐食多々あり、前オーナーによると思われる凹みも各所。 ワタシがやらかした擦り、2箇所。 マフラーは、いつ落…

赤ちゃん

10月某日。 こんな事がありました。 http://mignon216.hatenablog.com/entry/2017/10/15/030821 マフラーの落下という、各種鍵類、お財布、免許証を始めとする身分証、あの日の思い出、名誉や自尊心の次あたりに落としたくないものを落としてしまったストー…

救命チェーン

現在、ダイビングスキルに於いて、レスキューダイバーチャレンジなう、な、ワタシ。 11月の末に講習予定が、インストラクターさんの熱発により延期となりました。 インストラクターさんからは前日に、「明日、早朝、○○集合!」というお達しが来たのに、ショ…

ユズルン

高知では、なかなかに有名らしい柚子などを主に育てている農家さんから、100パーセント柚子果汁を一升買いました。 塩を添加すると発酵しないんだそうで、イコールで湯豆腐とかドレッシングとか、調理メインでの使用になるのに対し、塩無添加だと、お菓子と…

夜空ノムコウ…にある名言。

さて、以前、とある記事にて日本神話の一説による相撲の起源についてサラリと触れました、が。 日本神話に限らず、神話っていうのは一人間に過ぎないワタシからは「なんでやねん!!」ってツッコミたくなる場面が多過ぎて、草。 日本を作りたもうたという、…

LIFE!

東京在住時は、1ヶ月に最低でも1回は劇場で映画鑑賞したものでしたが、離島ライフになってからは、すっかりさっぱり。 もっぱらDVDでの鑑賞となってしまったわけで。 【LIFE!】は、映画評論でも決して評判が良い作品ではなかったのですが、単にベン・スティ…

ライディーン

日本の国技と言えば…実は無い!!そうです。 てっきり、相撲とか柔道とか弓道なんかなのだと思っていたので、これには、びっくりこきまろ。 さて、かつて観光業に携わっていた頃に習った相撲の起源。 これは、長野県は諏訪にあり!! 諸説あるので、その一説…

チャンスの神様

我が職場は、ホテルという特性にて一定数の警備員さんが24時間体制で見回りをします。 都心部と違って、そんなキチキチやってなさそうですし、皆さん壮年で大柄でもなく、中には明らかに『ヤル氣』は自宅に置いてきている感アリアリな方も…いや、半分がそう…

バタコさん

まずは、何より事の起こりは、10月の前半あたり。 http://mignon216.hatenablog.com/entry/2017/10/13/035013 これ以降、ワタシが「バター」と言うたびに「やっぱり、バター…」と、よもや恐ろしいものを見るような目で見てくるようになりました。 もしくは、…