読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

キミは、地球に似ている。

美容業種から始まったにしろ、人体に関わる仕事の歴は、ざっくり15年を超えます。


の割りに、わかってないよなーと、一応、勉強してみているのですけども。



最近、読んだ本に、こんなことが書いてありました。


《この世界は、キミの外側と内側でできている。のに、外側を知っていて、内側を知らないのは、世界の半分しか知らないことになる。》


初めて、所謂、検体を見た時、人間とは何と美しき生き物かと思ったことは今も変わりありません。


塩基配列から毛細血管まで、とにかく、よくもまあこんな生き物ができたなぁ…と思うわけです。


人間と地球は、成分が似ていることがわかってるのですが、《地球に似ている》って、なんだかロマンチックだ!なんて思うのはワタシだけでしょうか?


f:id:mignon216:20150306201311j:plain


しかも、これだけ医学が発達して、日進月歩しているというのに、未だに全ては解明されていなくて、何のために存在しているかわからない器官もあるっていうんですから、ますますロマンチック!!


男女比してしまうと、女性の方が解明されていない部分が多いそうで。

よく映画やドラマのサブタイトルとかキャッチコピーに『謎多き女』なんて出てくるけど、全女性がそもそも『謎多き女』なんですね。

ふふふ、実に面白い…と、メガネを直してみたりして。