永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

ナンチャッテハイサイ④

めんそーれ。

たくさんお手間をいただきまして、なんとかオープンウォーター資格、取得となりました。

出来の悪い生徒で、さぞかし大変だったと思われ。


そして、本日はボートからのダイビング。

f:id:mignon216:20150617145144j:image

ザザーッとポイントを移動しながら、それぞれの見所を回ってくるわけです。

ここに来て、水中カメラを持たせてもらえたので、がんばれば撮れる状況にはなりました。

ちゃんと撮りたいものが、ちゃんと撮れるかどうかは別として!

f:id:mignon216:20150617204300j:image


ダイビング経験値が高い方には、もう慣れっこで当たり前かもしれませんが、はじめて物語状態のワタシには単なる気泡さえ美しくて、途中、しみじみと「テレビとか写真とかでしか見たことのない水中世界を、直に自分の目で見ている」ことが染み込んでくるような感動になりました。

f:id:mignon216:20150617204915j:image

洞窟のようになっている中を進んでプカリと浮かんで。

f:id:mignon216:20150617205305j:image

使い込まれた表現ですが、本当に幻想的で、海底から立ち昇る氣泡を「地球が呼吸してるみたい」とインストラクターさんが書いて見せてくれた時、感涙しました。

f:id:mignon216:20150617205805j:image

どこまでもブルーの世界。

どこまでもクリアな世界。

どこまでも、どこまでも…。