永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

ピンノさん後記

ノスケボディは土に埋めて、お墓としました。

魂は、海に還ったのでしょう。

だから、海の日が命日になったのだと思ってます。


ところで、この日の記事のアクセス数がワタシのブログとしては過去にない数値を叩き出してしまいまして。


全国のオオシロピンノファンでしょうか。

はたまた、ノスケファンクラブでも実はあったんでしょうか。

ブロマイドでも撮っておけば良かったでしょうか。

土に埋めつつ、「今度は、もう少し長生きできる大きなカニに生まれておいでねー」って言ってみましたけど、うっかり大きくなり過ぎると、人間に狙われちゃいますね。

「ほどほどでね」と、つけ足しておきます。