読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

不定期手芸部

写真ワークショップのメンバーから派生した《お気楽和服会》から、和小物を作るワークショップへの参加にて、《不定期手芸部》と言ってもいい派生がさらに。

そんなわけで、初春にお世話になったトウキョウジョウさんにて、今度はを作らせてもらいに。

第一回は、足袋でした。

f:id:mignon216:20150723010641j:image

足袋の次は、でございます。

f:id:mignon216:20150723003935j:image

この日、中央線は某駅において飛んできた布団が線路内に入り、それを電車が踏んじゃって、その除去作業と安全確認で遅延をしておりました。

お友達の鐵道にお詳しい方によると、「わりとよくあること」だそうですが、アナウンスで「布団が線路内に〜」と聞いた時は、つい笑ってしまいました。

それを「これが本当の、布団がふっとんだ!!」などと遅刻理由と共に送ったりなんかしてましたら、遅延してるっていうのに乗り換えで乗るべき各駅ではなく急行なやつに乗ってしまい、気がついたら横浜にいました。

大慌てで戻って、さらに道を勘違いして遠回りをし、汗ダラダラになりながら辿り着き、既に製作に取り掛かっている参加メンバーを指を咥えて見てるだけ状態に陥るっていう、なんていうか…。

「もう、君ってばドジだなぁ、まあそんなところもカワイイけどね♪」とかでは済まない重ね具合です。

まあ、重ねてようが、重ねてなかろうがそんな事を言ってくれる人はいませんが。

……いや、そんな話じゃない。

f:id:mignon216:20150723004651j:image
仕方ないので、布と奮闘するメンバーを激写。

f:id:mignon216:20150723005226p:image

みんな、様になってらっしゃる。


f:id:mignon216:20150723005313p:image

かなり出遅れて始めたワタシは、マル秘アイテム(?)である講師さんが裁断を手伝ってくれる…という特典がついてきまして、足袋の時よりは早く追いかけられました。

足袋よりも真っ直ぐ縫うという時間が長いので、ミシンに入ってしまえばこっちのもの。

布の柄がズレてしまわないように調整しながら4メートル以上の筒を縫っていきます。

そうして…。

f:id:mignon216:20150723005743p:image

その長い筒状の布を表に返す作業。

講師さんとそれぞれの筒口から手を入れていって、ズルズルと引き出すと……。

ジャジャーーン!!



f:id:mignon216:20150723005913p:image
モザイクをかけていても伝わる、ものすごいドヤァですね。

こうして、アイロンで全体を整えて、筒口を手縫いで閉じます。

f:id:mignon216:20150723010055j:image
カメラと水玉の帯でございます!!

参加メンバーは、次は浴衣を縫うそうで。

浴衣になると1日ではできないので、2日〜3日とのお話でした。

作業場の広さなどから、ワタシは参加を見送りましたが、写真をやる人種というのは基本職人タイプなのかもしれません。

ちょっとかじってみました…じゃ、終わらないんですね、きっと。

こちら、トウキョウジョウさんのブログでございます。