読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

弁当女子の悲哀

ちょっと前に、これまたちょっとしたお祝いとしてお弁当を作ってお渡ししたことがありました。

そのお嬢さんAがお弁当自慢をしたらしく、それを聞いたお嬢さんBまでがお弁当をねだりに。

ので、お嬢さんBにもお弁当を。

すると、先のお嬢さんAが「私もまた食べたい!!」となり、結果、自分の含めて3人分のお弁当を作って職場に持参という、さながら2児の子を持つ母のごとし。

ツナ入りの卵焼きを入れたのですが、お嬢さんAが「あの卵焼き、また食べたい!!」と次の日には言い出したわけで、さらに世間のお母さんの氣持ちをほんの少し味わう…と。

何が一番のポイントかというと、女子オンリーなことです。

どうせなら男子宛てに作りたいものですが、「僕には?」と言ってくる男子みな既婚者でお話になりません…というオチ。

さて、今日も1日、頑張ります!