読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

HB

前回からの流れにて、受験料を支払いしに郵便局へ。

番号札持ってポヤーンとしてましたら、黒縁にツルは鮮やかなグリーンな、オシャレメガネさんに呼ばれました。

手続きを終えましたら、「実は先日、旅行で太宰府天満宮へ行ってきまして…」とオシャレメガネ氏。

郵便局窓口さんから土産話を聞いたことはかつてないので、一瞬、頭の中に巨大ハテナが浮かびましたが、「こちら、よろしかったら!」と、太宰府天満宮の鉛筆を差し出されました。

f:id:mignon216:20151003103736j:image

太宰府天満宮といえば、学問の神様、菅原道真!!!

受験料を払いに行って、学問の神様をいただいてきちゃうって、どうなのよ!これ!!

ヒャッハーーーー!!です。

金融機関でちょうだいする物といったら、大抵、ラップかホイルかポケットティッシュですが、これは彼が個人的にお配りしているようでした。

そりゃ、そうだ。

その郵便局員全員で太宰府天満宮行くわけないし。

もうこれは、「勉強しろよー!合格だぞーー!」と、言われているとしか思えません。

しかも、鉛筆なんて、何年ぶりに手にしたかと。

ちなみに、HBです。

神様も汎用性の高さは意識してらっしゃる模様。

しかもですね、試験はHBもしくはBの鉛筆、およびシャープペンシルで受けること…とありました。

こりゃ、もう、この鉛筆で試験に挑むしかありません。

キリリッと、鉛筆握りしめて!!