読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

おさかなルンルン

その日が夕方から出勤なことに調子に乗りまして、行列当たり前の海鮮ランチへ行ってまいりました。

初下車、入谷。

恐れ入谷の鬼子母神…とは聞いたことがあるものの、実際に降り立ったのはお初。

そこから徒歩1分となってましたが、たぶん1分かからないです。

f:id:mignon216:20151113234407j:image

こちらの『割烹 さいとう』さんにお邪魔しました。

けっこうな行列で、ワタシ達のグループの後ろに並んでいた常連さんがお茶を持ってきてくれたりして、おしゃべりしていたら、それほどの待ち時間を感じずに過ごせました。

お品書きを見せてもらって、並んでいるうちに注文を決めていたので、座って程なくお膳が。

f:id:mignon216:20151113234718j:image

いわゆる頭の大盛りを頼みましたが、丼と言いつつ、器は深めのお皿。

酢飯か味つけなしのご飯か選べまして、酢飯でお願いしました。

具材で、ご飯は見えません。

しかも、エビと赤身の握りが添えられています。

欲張って頭の大盛りにしたものの、元から具材多め設定らしく、ご飯とのバランスが良い意味でよろしくない。

かといって、ご飯が少ないわけでもないのです。

こんなに必死にお魚食べたことないよってくらい、一生懸命いただきました。

これが千円ちょっとでいただけるんですから、驚きです。

これは並びます。

お品書きには、バター醤油で焼いたお魚や牡蠣もありましたし、煮魚、焼き魚、常連さんに教えてもらった裏メニューとやらも合わせたら、けっこうな選択肢があります。

お腹いっぱいで、苦しいくらいになりましたが、鮮度の良い海鮮たっぷり、とっても幸せ。

これから更にお魚が美味しくなる季節ですし、是非ともまた行きたいお店です。


うーん、また築地に行きたくなってきました!!