読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

クリスマス、終わりました。

世間のサンタクロースの皆様、お疲れさまでした。

「サンタクロースを名乗るのに国籍も、肌の色も、何を着ているかも関係ない、ただ、誰かを喜ばせたいという氣持ちだけであれば」というような内容のショートコミックをネット上で見かけて、ほんのり感動してしまいました。

イブもクリスマスも仕事してましたけどね。

さて、クリスマスツリーやリースを引っ込めて、今度は門松や注連縄飾り。

日本の年末年始は、忙しいですね。

ワタシの職場は文字通りの年中無休なので、今日あたりから怒涛の予約ラッシュとなり、大晦日後半で一旦沈静化、年明けはスタッフ数が格段に少ない状態での営業になるので、個々は忙しない…ということに。

数日前から職場のビルの食品エリアは地獄絵図で、このまま地獄の業火メラメラに新年1月半ばまで突っ走るんでしょうから、彼らのハードさに比べたら…と思うことにします。