永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

勤賀新年!!

あけましておめでとうございます!!

早速、今日から仕事だよ!!

…というわけで、ワタシは大晦日から三が日オールワークです。

しかも、しょっぱなからハード系予約で、もうおやつの一つや二つ隠し持ってないとやってらんねーぜ!ってくらいエネルギー消費するやつ。

昨日の大晦日、仕事してる真っ最中にベロベロに酔っ払った母から電話がかかってきて、「まだ仕事〜?」と言われたことは、除夜の鐘と共に忘れました。

除夜の鐘、聞いてないけど。


ワタシの職場は商業ビルの中なので、当然、他の業種さんもたくさん。

エレベーターで乗り合わせた某有名お弁当屋さんが、深々とため息。

顔色もよろしくない。

「大丈夫ですか?」と思わず声をかけると、「始発で出勤して、ほぼ終電で帰る…みたいなのがクリスマス前から続いてて、たぶん成人式あたりまでは続くんです…」と。

ひぃいいいい!!

な、なんて恐ろしい!!

そりゃあ、日を追うごとにフードエリアのスタッフさんたちから生氣が失われていくわけです。

シフトで出勤してるアルバイトさんはさておき、正社員(アルバイトと正社員は同じビル内勤務の人には判別がつく)さんたちの疲弊っぷりは氣の毒になるくらい。


f:id:mignon216:20160101153424j:image

なんていうか、良い…天氣です。