読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

メーメーの会

ヒツジが食べたい人々が集まって、ヒツジを食べてまいりました。

ドーン!!

f:id:mignon216:20160127232237j:image

メニューによれば、背中のお肉らしいです。

塊!!

なかなか見られないサイズ感。

f:id:mignon216:20160127232351j:image

ワタシは、北海道出身なので、ヒツジといえばジンギスカン

むしろ、それ以外だとラムチョップくらいしかいただいたことがないので、ヒツジがこんなに脂の多いお肉だとは思わず。

この塊は、チラ見せしてくれた後、カットして持って来てくれます。

それを炭火で。

f:id:mignon216:20160127232523j:image

スペアリブ、うんまぁでした。

他に水餃子、空芯菜の炒め物、チヂミのような何か(◯◯餠と書いてあった)を、コチュジャンとか唐辛子パウダー、クミンシードなどの卓上スパイスを加えつつ、ペロリ

中華料理屋さんのはずですが、マッコリがあったり、おつまみにキムチがあったり、中…韓…中…???まあ、いっか!みたいな。


お腹いっぱいになって、「みんなでワイワイ食べるゴハンは美味しくて、幸せね」と言う友人に同意しつつ、お店を後に。

そのビルを出た瞬間…!

「ちょ…うちら、くっさ!!!!」と、大笑い。

食べてる最中は何でもなかったのに、外に出た途端、自分たち自身がヒツジなのかと思うほどの。

そんな、とってもメーメーの会