永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

オオタニさんちのワタリくん


なんだかんだ、宮古島へ移って2週間近く経とうとしています。

来た当初は雨か曇りか強風、もしくはその合わせ技という状態で、南国感はあまりありませんでしたけども、ここ最近は夏日もチラホラ。

と、油断させておいて明日から再び冬型氣温になるとか、ならないとか。


f:id:mignon216:20160215014422j:image

沖縄というと、独特なお料理も多いです。

スパムやゴーヤ、海ぶどうなど沖縄料理というジャンルが広まるにつれ、それほど珍しくもなくなりましたが、現地ではスパムよりもチューリップというメーカーさんの物の方が人氣があるようで。

そして、海ぶどうはそんなに食べないとのこと。

アダンの新芽の天ぷらが氣になって、それを食べられる時期について聞きましたら、「アクが強くて下拵えをしないと苦くて食べられないし、天ぷらならオオタニワタリが美味しいよ」と。

一瞬、聞き取れず、「オオワリワタリ」に。

「観葉植物さ」と言われ、もう脳内はハテナまみれ。

「シダ植物で、そこにも生えてるよ」とか言われたら、軽くパニック。

そうして、作ってもらえたオオタニワタリの天ぷら。

明日葉のようなほろ苦さのある、ひょろ長い葉物。

太い葉脈が縦に走ってて、先っぽの細い方から食べないと、なかなか噛み切れない。

葉物の天ぷら好きなのもあって、「美味しーー!」と、塩でパクパク。

シダ!うまし!!

そして、テングハギの煮付け。

カレイかと思ったら、「テングハギ」と。

カレイよりも歯応えがあって、美味しいです。

f:id:mignon216:20160215015847j:image
※テングハギさん、確かにテング!

テングハギモドキという魚もいるようで、魚種勉強中の身としては、ご勘弁願いたいモドキシリーズ。


さらに、イラブチャーの味噌和え。

f:id:mignon216:20160215015914j:image
※青いーーー!


なんということでしょう。

全部、美味しいよ。

山菜のゴマドレ、春雨と豚肉の炒め物なども登場して、ペロリ。

ひたすらモグモグしながら、宮古人の話を聞く時間。

うーん、贅沢!!