永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

カメラ心と島の空

島の天氣は、とにかく変わりやすいです。

そして、風が吹き始めるとどうにもならないくらい影響を受けます。

晴れ晴れと暑いくらいだっ!半袖!なんて思った昼下がり。

風が忙しなくなってきて空を見ると、暗いグレーが急増。

あ、くるな…!と思った途端、雨つぶポツポツ。

f:id:mignon216:20160219002013j:image

予報は曇り時々晴れだったのにーー!と急いで移動すると、またパアーーーッと太陽が出てきて、パタリと風がやんだり。

干潮でないと撮れないという景色を目指して長距離移動をしてみましたが、無念の敗退。

潮見表見て、逆算して出かけたのに…。

と、ションボリしても空模様ばかりは仕方がないので、氣を取り直してレッツゴハン!!

f:id:mignon216:20160219002427j:image

宮古島への飛行機の中で機内報をめくっていたら、こちらの食堂がドーンと取材されていたわけで。

「ここだー!」と、喜び勇んでゴーヤチャンプル!

お味噌汁代わりに、具なし宮古そばが付いてきます。

前日にも別のお店で宮古そばをいただいたんですが、どうもランチタイムはドリンクサービスがある所が多いよう。

お店によって種類は異なるものの、ホットコーヒー、アイスコーヒー、アイスティー、ウーロン茶などが置いてあってセルフサービスでいただきます。

さんぴん茶がないのが、ちょっと意外。

さて、こちらのゴーヤチャンプル。

すんごいボリューム!!

ゴーヤ、美味しい!でも、すんごいボリューム!!

たっぷりのゴーヤ、ランチョンミート、ダイナミックな豆腐、玉ねぎ、ニンジン。

こちらの食堂は、どのメニューもボリュームたっぷりなのが魅力の一つらしく、どちらかと言うと男性客率が高いよう。

作業着姿の人が目立ちます。

うん、確かにこのボリュームは現場仕事の男性陣には嬉しいはず。

美味しいのに、お腹苦しくなりつつ。

「ゴーヤチャンプル 600円」と書いてあったので、定食にしたからプラスαだろうとお会計したら、「600円でーす」って。

宮古島に限らず、沖縄はお弁当などが安いらしく、通りがかりに見た中で一番リーズナブルだったのは「390円」のお弁当。

この辺では、お弁当は400円前後が普通で、そのボリュームやバリエーションもなかなかのものらしいです。

ゴーヤチャンプル
フーチャンプル
ヤギ汁
牛汁
エビチリ
唐揚げ

見たかった景色は、次のチャンスを狙えばいい。

撮りたかった景色は、次のチャンスを狙えばいい。

見れなかった、撮れなかった空虚は、食堂のお母さんたちの笑顔で埋まりました。

「機内報で見たよ」と言ったら、照れくさそうにしていました。

明日は、風が南に回るそうです。