永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

宮古島の生活と水と、かもねの話。

「沖縄って、10万もあれば1カ月暮らせるんだってね」

こんなセリフを聞いたことがあります。

しかも、数人から。

沖縄は、日本で一番最低時給が低い県で、その中でも宮古島は収入面ランキングが下方。

「物価が安いんでしょ?」ってのも、何度か聞きましたけれども。

でも、ここ、日本なので、そんなに極端に安いわけでもないです。


去年、宮古島に旅行に来た時も別段安いとは思いませんでした。

いや、むしろ、高いと思ったんです。

スーパーマーケットでお買い物しようとすると、その値札に「うお!高っ!」ってなる回数の方が遥かに多い。

特に野菜、中でもモヤシ

東京に住んでた頃は、特売10円とか普段でも30円内で買えてたモヤシ

宮古島では、一番安くて56円

それ以外は、ほとんどが80〜100円

いきなり、モヤシが高級食材に。

タマネギやジャガイモなどのスタンダード野菜たちも、なかなかのお値段です。

宮古島で育てられてない野菜は、当然、島外からとなります。

イコールで輸送代が、乗っかるわけ。

果物や野菜は、ほとんどが高め設定。

割とお安めなのが、豚肉やこの海域で上がる魚介類。

お安めったって、肉や魚介なので、そこはそれなり。

じゃあ、何が安いかというと、家賃

古い物件だと、4万円程度で1LDKとか2DKなんてのもあります。

家具家電付きで5万円台なども。

駐車場も、月額3000円とか。

どっこい月収13〜15万円の人には、この安め家賃でもなかなかしんどい。

求人の月収は、これくらいの数字が当たり前に書かれてます。

なにせ、沖縄県の最低時給は、700円以下ですし。


家賃以外だと、ワタシの行動範囲内では衣類や、日用品が安いように思います。

地元の人に聞くと、お高めのお店もあるにはあるようですが。

ワタシが移住してから買った服飾雑貨といえば、1000円のビーサンと600円のギョサン。

ギョサンというのは、漁師さんなど船に乗る方向けのサンダルで、船上で滑りにくい構造になっているそう。

プロダイバーさんなどもご愛用。

f:id:mignon216:20160229165159j:image
※レモンイエローのギョサン


外食系は、お値段設定がバラバラすぎてなんとも。

チェーン店系飲食店が少なく、個人経営が多いのも。

ので、生活に密着している部分は意外とお高め。

しかも、宮古島は水の問題が。

この島の歴史を紐解きますと、文献に登場するのは約七百年前とのこと。

海底火山によってできただのなんだのみたいな事をどこかで読んだか聞いたかしたような気がしますが、とにかく、宮古島自体が巨大なサンゴの集合体と言ってもいいのかなっていう。

イコールで硬度高く、石灰が強い。

山も川もなくて、池間島などは生活用水が乏しくて苦労した過去から【水】の石碑があるくらい。

f:id:mignon216:20160301032341j:image

pH値などはかなり優秀らしいですが、単純に美味しくないってことと、石灰質が結石の要因になるので、宮古島に限らず沖縄では飲用水は買うもの。

近所のスーパーマーケットでは5リットル、100円。

大きな濾過器が置いてあって、そこに専用ボトル持参して給水するシステム。

ボトル、給水の値段などは各店違えど、どこのスーパーマーケットにも大きな濾過器があるのが当たり前。

家族の多い家だと、5〜6本のボトルに給水しまくって車で持ち帰るなんてのも日常のよう。

ワタシも、1日おきくらいに給水しに行きます。

この場合、水屋さんと言えばいいのか、水素水やらバナジウム水やら、なんとなく体に良さそうな冠を被ったを売るお店もあったり、ペットボトルの飲用水の特売、箱売り、ウォーターサーバーの活躍っぷりが激しめ。

ちなみに水道水をそのまま使い続けると、お鍋などに石灰質の白い横線が入るそう。

てなわけで、「沖縄って、10万もあれば1カ月暮らせるって聞いたよ」説は、果たして事実なのか。

まあでも、月収13万くらいが珍しくないってことは、かもねかもね、そうかもね。