読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

時はきた…

日常 離島ライフ
2月初頭に始まった島の生活。

おそらくは離島生活で重要度が高いのは足回りの問題。


今までは、割と近所のスーパーマーケットだのホームセンターだの、ちょっとしたバイト的仕事先程度だったので自転車と徒歩で賄えていましたが、いよいよそうも言っていられなくなってきました。


決まった職場が、むちゃくちゃ遠いということと、そろそろ梅雨がやってくるってことです。

いよいよ、本当に、いよいよと必要性を無視できなくなりまして、の。

職場から借りることもできるんですが、もちろん無料ではなく、そのレンタル料1年分に満たない金額でも買える中古車はないわけでもないよ…みたいな。

レンタル料プラスガソリン代が、マイカー通勤すれば通勤費がいただけるわけです。

ううむ…これは、あの呪文を唱える時が来た模様。

「車ほしいな、パルプンテーーーー!!!」

というわけで、数少ない宮古島在住の知人に「車を手放しそうな人いないですかー?」と打診、かつ、明日、ちょろっと中古車屋さんの周辺を怪しくウロウロしてやろうと思っております。

ゴールデンペーパードライバーとしての、まさに輝かしい歴史が閉じられる時がきてしまいました。