永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

空色の車と謎の縦列

しばらくの間、会社が通勤用に…と車を貸してくれました。

「これです」と示されたのは、ライトブルーの普通自動車

軽だと思い込んでいたので、ちょっとびっくりしましたが、まあ、お借りしまして、慣れるために少しだけ市内を走ってみました。

先日のオブザーバー兼強制ドライバーの時とは当然また違う車ですので、それなりに慣れておきたいエトセトラ。

一度帰宅しまして、現住の家の前庭に車を停めました。

この家の前庭には、ちょうど1台停められるスペースはあるんですが、駐車場としてのスペースというより、たまたまそれくらいのサイズの空き地がある…というのが正しいでしょうか。

形も歪んでいて、さらに平らでもなく、草木ボーボーの中にコンクリートブロックが点在しています。

塀の位置関係で、いわゆる縦列駐車的停め方が一番収まりがいいなと、そのように停めました。

あら、できたわ、うふふ。

なんて、荷物の整理とかして、再び車でお買い物にお出かけ。

普段の自転車では難しいお米とか大量のお水を買ってきて、帰宅。

そうしましたら。

あれ?

なぜ?

さっきできた、縦列駐車的停め方が…できない。

何度切り返しても…できない。

ほわい?ジャパニーズぴーぽーーーー?!ほわーい?!

そして…!

諦めた。

普通に、ブロックに乗らないようにだけ氣をつけて、スマートさもなく、お尻からグイッと突っ込み駐車。

なんで、最初はできたんだろう?

謎だなぁ…。

いや、本当、謎だなぁ…。