読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

引越し協奏曲

日常
会社の寮に住居を移すことにしまして、ポツポツと荷物を運び込んではいたのですが、ワタシがお借りする個室に住んでいた方の荷物移動などもありまして、現状はワタシと2人分の荷物が混在しています。

今日が今月最後のお休みにて、全ての荷物を出し切ってしまわないといけないのですが、そんな日に限って仕事上必要な講習会とやらが入ってきたりして。

ので、お休みとは名ばかりの出勤で、講習会の後、取って返して荷物の搬出入を…なんて思っていたのに!!!

「数時間でいいから、出勤してください!!お願いします!!」という泣きのナンチャラ。

本来シフトに入っていたメンバーが、急遽、テナントに入らせてもらっている建物側の研修に出ることになってしまい、イコールで人不足っていう。

まあ、そんな大荷物ではないので搬出入自体は問題ないのですが、休みの人数人で講習会後にランチして温泉プールで遊ぶっていう計画は完全に倒れ伏しました。

そして、日が沈まない内に荷物を出し切る…という計画も微妙に。

さらに言うと、ゴールデンウィークという繁忙期に突入したため、8連勤確定していたところに、このお休み返上が横入りしてきたので…。

ちょ…待って…!!これってば、14連勤になっちゃうんですけどーーー!!!

ってことに、ただいま、茫然自失しております。

まさか、こんな南の離島に来て、こんなハードワークするとは思っていませんでした。

頭の中で、赤いランプが点滅しながらマイムマイムを踊っています。

なんてことだ。