永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

鍛えが足りないエトセトラ

「明日からしばらく雨続きだって」と聞いた翌日は、確かに雨でした。

 

 

その翌日は、晴れでした。

 

 

そして、今日、だいたい晴れでした。

 

f:id:mignon216:20160608193322j:image

本日もシーハンターとして意気揚々海へ行ってきましたが、これまたビックリするぐらい見つけられず、自力発見かつゲットできたサザエさんは、1個。

 

シーハンター師匠Oさんは、サザエのみならずトコブシまで発見。

 

シマダコも見つけましたが、ずいぶんと小柄だったのでそのままに。

 

 

f:id:mignon216:20160608193636j:image

サザエさんトコブシさん

 

 

生まれてこのかたトコブシを食べたことがなく、アワビとの違いもよくわかりません。

 

 

例のごとく、この方達をナチュラルグリルへ。

f:id:mignon216:20160608193806j:image

 

「海って、すごいなぁ〜♫」と適当な節をつけていると、「何を歌ってんだ」と冷静にツッコミされます。

 

f:id:mignon216:20160608194004j:image

このブクブクしてきた感じとか見たら、冷静でなんかいられません。

 

f:id:mignon216:20160608194046j:image

焼きあがったサザエさんと…。

f:id:mignon216:20160608194110j:image

トコブシさん。

 

 

f:id:mignon216:20160608194134j:image

こちらは海水に浸けず、天然楊枝でクルンて取り出したサザエさん

こちらの方が塩っけが少々強いせいか、味が濃く感じました。

 

「家庭で焼く際にはフタの部分を取ってやらないと、爆発することあるから」と、Oさん。

 

サザエ、爆発!!

 

それは、ちょっとデンジャラス過ぎますね。

f:id:mignon216:20160608194430j:image

※洞窟みたいなナチュラルバーベキュー場。

 

「しかし、みっちょん、もう少し鍛えないとダメだな」と、シーハンターとしてはまだまだ過ぎるワタシに、Oさんの激励。

 

「だいたいイワシの群れについてっちゃうのは、何でだ?!」と、苦笑いされました。

 

だって、キレイだったんだもん…。