永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

タイフーン1号

今年初の台風がやってきます。

 

台風銀座などと呼ばれるこの辺りは、夏から初秋にかけてのニュースにて、やれリアウインドウが割れただの、軽自動車が浮いて壁に激突しただの、洗濯機が飛ばされてきただのと、毎年なにがしか「ええっ?!」ってなっちゃう出来事が放映されます。

 

つい最近、賃貸物件を借りたわけですが、お部屋の使い方として台風時の注意点がありました。

 

その時が来る前にベランダにある物は、ほとんどを撤去すること。

 

簡単に外れてしまいそうなら、網戸も外して室内へ。

 

窓のレーンは、新聞紙などを詰めて浸水対策。

 

この対策しないで畳フニャフニャとかなったら、オマエのせい!!みたいなことも。

 

 

 

さて、台風そのものが通過しても、空路海路にて物資の遅延が激しくなったり、数日停電したりもするので、こちらは何かと箱売り箱買い。

 

缶詰とか飲料、インスタント食品はたいてい一個売りの値段と箱売りの値段が並んでいます。

 

箱買いしてもお得なわけじゃないことも多々で、最初の頃は不思議でしたが、そういうことでした。

 

備蓄しておかないとね、みたいな。

 

注意点には、懐中電灯やロウソクなどの用意も促す文言もありました。

 

家財保険も、台風による被害に対してどこまでカバーするかの説明まで。

 

車の購入を検討して何軒かのお店を見て回った時など、最近流行りの縦長タイプの車は「車内広々!」ながら、台風時に横風にヤラレやすいという理由で売れ行き芳しくないそうです。

 

なるほど。

 

最大風速30メートル、40メートルなんてのもザラですし、そうなるのも頷けます。

 

ワタシにとって初の離島台風なんですが、そう書いている今まさに、派手な風雨の氣配。

 

本当に、ビュオオオオオオ!!って、いうんですね。

 

 

 

それにしても、なかなか台風が来ないので心配していました。

 

今年の宮古島は例年より暑い日が多くて、海…特に珊瑚のためには台風が来て海水をかく拌してくれないと困るのです。

 

観光の方や、マリンアクティビティのお店には大打撃でしょうが、長い目で見ると珊瑚の白化はそれ以上に打撃になるはず。

 

ビュオオオオオオ!!に、ザアアアアアア!!!が、混ざってきました。

 

明日のお昼がピークって聞いてましたが、少し早まったのか、こんなのまだまだ序の口なのか、とりあえず寝て起きてのお楽しみ。