読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

クモガイの行方

海師匠Oさんと久々のティラザ潜りしてきました。

 

各地で呼び方は違うようですが、マガキガイというのが本名みたいです。

 

相変わらず腕も上がらず、大した量も取れはしませんでしたが、クモガイを発見!!

 

しかも、師匠が網に入れているのよりふた回りほど大きい…。

 

しかし、その師匠が通過した後に存在しているってことは中身が空っぽだったのかしら?などと考えつつもジャボーンといってゲット。

 

わーい!自力発見やー!!と喜んでいたら、師匠は、さすが師匠でタコを発見。

 

 

道具が必要なサイズだったので、師匠はワタシにタコ番をさせて一度陸へ。

 

人生初タコ番。

 

貝の入った網袋で、ほんのり通せんぼをしておくわけです。

 

そういえば、「タコなぐり」とか「タコ部屋」とか「この、タコ!」とは言うけど、「イカなぐり」とか「イカ部屋」、「この、イカ!」とは言わないよなぁ…なんでかなぁ…なんて考えているうちに師匠リターン。

 

迅速かつ的確にタコを仕留めておりました。

 

「イカ墨のスパゲティやリゾットはあるけど、タコはないなぁ…」と、吐き出される墨を見つめながら。

 

 

ズッシリと重そうな網袋をぶら下げた師匠の後ろからついていきつつ、ふと、自分の網袋をチラ見しました。

 

……?!

 

先ほどのクモガイから何か出ています。

 

………目?!

 

それを見た時、ワタシの脳裏に浮かんだのは、これでした。

 

f:id:mignon216:20161128164824j:image

 

ミギー…。

 

というか、むしろ、これ。

 

f:id:mignon216:20161128164852j:image

 

これって…クモガイの貝に何か他の生き物が住んでる的な?

 

まさに、寄生獣な?

 

ヤドカリではないみたいだけど、ヤドカリ的な?

 

…せっかく自力で見つけたと思ったのに…。

 

ガッカリしょんぼりしつつ、海中へリリース。

 

 

そして、海の中で会った師匠のお知り合い水中ガイドさんが、ゲストさん連れつつもティラザを取ってはワタシの網に入れてくれるものですから、網袋はそれなりに格好がつくくらいには膨れました。

 

陸に上がってからクモガイのリリーストークを展開しましたら、師匠が呆れ顔で「それ、クモガイだぞ。やつらには目があるの知らなかったのか?」。

 

やつらには目があるの知らなかったのか??!!

 

 

あまりのことに、変な声出ました。

 

Uターンして海に戻りたいくらいの衝撃!!

 

だって!だってだって!!

 

こんなの見たら…。

 

f:id:mignon216:20161128165516j:image

 

これだって思うじゃん!!

f:id:mignon216:20161128164852j:image

 

これが、美味しいクモガイだなんて思えなかったんだもん!!

 

「……また、あのクモガイに会えるかな…」と呟きながらウエットを脱ぎましたら、とんでも寒くてブルブルしました。

 

お勉強になりました。