読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

法螺吹きみっちょん

手仕事

とある海人とお話している時、彼らが着けているアクセサリーの話題になり、それはヘンプ(麻)で磨いた貝殻を包み編みしたようなのだったり、サメの歯を加工したものだったり。

 

実は、ワタシもヘンプに限らず刺繍糸やジュート、革紐などを編んだアクセサリーや雑貨を作ります。

 

そんな中、「うちの嫁が山伏の家系で、法螺貝を吹く行事みたいなのがあるんだけど、その法螺貝を斜め掛けにぶら下げたい」と。

 

山伏の家系?!

 

法螺貝を吹く行事?!

 

もう、いきなり飛び道具ですか的な無茶振り来ました。

 

ウソをつく事を「法螺吹き」などと言いますが、調べてみると法螺貝の音が思いのほか大きいことから、できもしない事を得意だと言ってみたり、1を10としてみたり…と「話を盛り過ぎ」てしまう事なんだとか。

 

山伏は、山に入る際に法螺貝を吹いて獣避けや、他の山伏に居場所を知らせるほか、宗教的な理由もあるらしく、日本以外でも法螺貝を吹く国はいくつかあるみたいです。

 

実際にちゃんと音を出すのは、なかなかに難しいようですが。

 

 

…で、実際に件の法螺貝を見せていただきました。

 

f:id:mignon216:20170116024700j:image

 

法螺貝って美味しいのかな…などと考えつつ、クルンとしてみます。

 

f:id:mignon216:20170116024758j:image

 

吹き口加工済み。

 

てなわけで、何氣ない会話から手仕事をひとつ承り。

 

 

しかしですね、法螺貝を編んだ経験は皆無ですから、用意する麻紐の長さも手探り。

 

毛糸と違って《紐を足す》というのは原則やりません。

 

長過ぎれば余るだけですが、短ければイチからやり直し。

 

とりあえず、本体できあがり。

 

f:id:mignon216:20170116024932j:image

 

ここからは、斜め掛けするためのストラップ部分。

 

過去最高の長さの紐と大格闘。

 

1本の麻紐の長さを、計算式で13メートルほどと算出。

 

それを6本作りました。

 

切るだけで部屋中を使う大騒ぎ。(1人で)

 

その中心部から編み始めるので、今度は中心部を見つけるために7.5メートルあたりを計ります。(1人で)

 

あまりに長過ぎるため紐の先端をくぐらせる系の編み方は却下。

 

鳳尾結という編み方を6本取りで。

 

もちょもちょ、じみじみ、もちょもちょ、じみじみと繰り返すこと数時間。

 

さらに、ちょっと洒落っ氣を出してウッドビーズなんて着けてみたりして。

 

 

はい、できあがり。

f:id:mignon216:20170117023317j:image