永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

提琴櫻

宮古島に移住してしばらく。

 

街道や職場の敷地内に咲く、何とも魅力的な色をした花を見つけました。

 

f:id:mignon216:20170423034605j:image

 

琴桜、またはインドザグラナンヨウザクラなどと呼ばれています。

 

サクラと言っていますが、サクラではありません。

 

 また、ナンヨウザクラと呼ばれているのにシナノキ科、ナンヨウザクラ科のナンヨウザクラとは別種という人を惑わす小悪魔な。

 

赤とも桃とも朱とも言えないような色味で、この花にハマりすぎて、苗木を買ってしまいました。

 

ベランダで鉢植え状態、かつ、まだ4年程度だそうなので地植えして立派な樹木になるには、まだ相当な時間が掛かるそうです。

 

 

ワタシ自身もそうですが、周囲にもアーティスティックな活動をしている人が多く、アクセサリーやイラスト、コミック、細工物などを作っている人などなど。

 

その内の1人、airia(アイリエ)という方に、この提琴桜について熱く語ってしまいまして。

 

元々は、彼女の作品の中に、宮古ブルーな素敵なピアスを見つけまして、即購入。

 

f:id:mignon216:20170423040650j:image

 

一つ一つ、手描きで仕上げているそうで、とても暖かみのあるガラスのピアス。

 

光の加減で色の濃さが違って見えるのも、また。

f:id:mignon216:20170423041041j:image

 

 

 

その後、提琴桜熱を語る…という流れ。

 

写真を送ると、提琴桜をデザインしてくれました。

 

デザイン画をもらって、「このへんは、こうして!」とか「いや、これは、こうして!」とリクエストしまくりまして。

 

そうして、できたのがこちら。

 

f:id:mignon216:20170423041032j:image

 

どのように組み合わせても繋がるように、かつ、単品でも着けられるという。

 

f:id:mignon216:20170423041146j:image

 

琴桜特有の絶妙な色合いをきちんと表現してもらえて、悶絶。

 

ガラスのみならず、陶器なども評判良く、オーダーも受け付けているそうです。

 

つい先ほど、我が家のベランダ提琴さんも開花していて「きゃふーー!」とか謎の悲鳴をあげてしまいました。

f:id:mignon216:20170423140826j:image

 

 

 氣になった方は、こちらからどうぞ〜。

 

https://airia0.stores.jp/