読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

こちらの世界へようこそ

潮の加減で午前中に海に行こうかなんて話していたのに、激しめの雨と予報より強い風に断念しました。

 

「小潮だし、今日はやめておきましょうか」なんて当たり前に言うようになりましたよ、生意氣にも。

 

 

 

先日のオマケ的存在としてのダイビングは、オマケの分際で夕食までご一緒させていただくというご褒美付き。

 

でしたが、ちっちゃいモノを見つけたら即写真撮る変態行為に勧誘してくる、水中変態インストラクターさんの写真レベルに打ちのめされて、しばらく落ち込んでみたりしました。

 

f:id:mignon216:20170504015722j:image

こちらが変態(インストラクター)の写真。

 

f:id:mignon216:20170504015755j:image

こちらが変態になりきれていない(ワタシ)写真。

 

マクロ下手くそすぎかよって。

 

ストロボ嫌いというか、テカり写真嫌いがアダ。

 

正しくは、ストロボを使う場面がわかってないワタシのダメっぷりが露呈したわけですね。

 

ストロボの活かし方がわかってないわけです。

 

さらに、やはり、ダイビングでは被写体にしっかり寄れる技術が足りていなくてシャッターチャンスそのものはあったのに、身体を固定することができず時間切れっていう。

 

ちっくしょーーーーー!!

 

っていうのが、正直なところ。

 

女性として、その口の悪さはどーなの?と思いもしますが、ちっくしょーーーーー!!くやしぃーーーー!!が、本心ゆえ。

 

f:id:mignon216:20170504020337j:image

 

それでいて、こういう擬態してる何かを見つけると「ふへへへへへ」とか思ってしまいまして、変態から言われてしまいました。

 

「こちらの世界へようこそ」