永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

クレーマーと職人の拘り。

人生初のアルバイトは、確か手ごねハンバーグが評判の良い、コーヒーショップでした。

 

コーヒーショップなのに、コーヒーより手ごねハンバーグ。

 

ちなみに、ここのアメリカンは、単にホットとして淹れたコーヒーをお湯で薄めたシロモノでした。

 

そりゃ、コーヒーより手ごねハンバーグになるよね。

 

 

先のコーヒーショップのほかに、界隈で人氣のラーメン屋さん、そば御膳が主体の少しお高めなお蕎麦屋さんなど、それなりに飲食での接客もやってきました。

 

今は、これまた少し高級ラインの和食主体の居酒屋さんでアルバイトしています。

 

VIPルームや個室、座敷席などで構成されていて、焼酎、日本酒、泡盛なども各種揃え、沖縄料理から洋風のものまで取り入れたお店。

 

しかしですね、町のラーメン屋さんにしろ、高級を打ち出した割烹にしろ、ファミレスやファーストフードにしろ、飲食に限らずコンビニから小売店、どんな接客にも必ずと言っていいほどやってくる、謎のクレーマー

 

 

こちらでは割と人氣のあるラーメン屋さんにやってきて、チャーハンを食べていた男性がいきなり「何だ、この味は?!」と、チャーハンの味付けにクレームを入れていたそうです。

 

たまたま居合わせた知人によれば、そこのチャーハンが誰もが不味いと思う味なのかと言うとそうではないそうで、「絶品とは言えないけど、まあ、普通よ」と。

 

その男性は、「俺は調理師資格持ちだ!調理師資格持ちとして、この味は許しがたい!!」と店中に響く声で怒鳴っていたそうで、運悪く居合わせた知人は「知らんがな…好みに合わないなら、もう来なきゃいいのに」と思ったそうです。

 

調理師資格持ち…。

 

だからって美味しいものが作れるとは限らないと思うのですが、何がそんなにお氣に召さなかったのでしょうか。

 

そこのチャーハンを食べたことがないので、「残念な場面を見ちゃいましたね」としか言えませんでした。

 

ちなみに、そのラーメン屋さんは、それなりの期間鎮座して、それなりに活氣良く営業されています。

 

宮古島で美味しいラーメン屋さんは、どこ?と質問すると、3人に1人くらいが名前を出すお店です。

 

 

変わった人もいるもんだなぁ…なんて思っていた矢先、ワタシのアルバイト先であるお店に「予約はしてない」と既にお酒を召されていると思われるフラフラ具合で赤い顔のオールバックおじさんがやってきました。

 

「タバコを吸える席にしろ!」とおっしゃるので、「当店は、どのお席でも喫煙できますよ」と言うと、「嘘つけ!!昨日、来た時はダメだって言われたぞ!」。

 

…んな、アホな。

 

当店は、そもそも分煙もしていません。

 

ついでに言うと、宮古島の特産品は黒糖の他にタバコの葉があります。

 

喫煙人口も多い方ですし、分煙しているお店はあまりありません。

 

子供連れでもスパスパ吸う親は吸いますし、それを咎める人もあまりいません。

 

…あー、どこか他の禁煙席有りのお店と間違えてるっぽいな…と思いつつ、お席を作ってご案内。

 

オーダー頂いた霜降り馬刺しを「お待たせいたしましたー!」とテーブルに置いた瞬間、「おい!!これは本当に霜降りか?!全然、霜降ってないじゃないか!!いいか!俺は料理人なんだ!!いい加減なことしてたら、わかるんだぞ!!」。

 

キターーーーーー!!!

 

まさか、件のラーメン屋チャーハンクレーマーと同じかは確かめようもありませんが、やってきました自称料理人

 

いや、実際、調理のお仕事されているのかもしれませんし、それはもう確かめようがないのですけれども。

 

霜降りですよー」とニカッとして、そそくさと立ち去るワタシ。

 

報告すると、大柄なベテランスタッフがそちらへ向かって二言三言。

 

結局、そのオールバックおじさんは閉店ギリギリまで飲み食べ吸いまくって、帰っていかれました。

 

ベテラン氏は、オールバックおじさんが来た時からワタシが絡まれつつあるのもわかっていたようで、大柄な彼にはそれほど横柄な態度ではなかったそうです。

 

「あー、絡まれてるなー、助けに行った方がいいかなー…」と思いながら様子を見ていてくれたのだとか。

 

相手を見てクレームを入れている時点で、そのクレームは間違っていると判断させていただきまして、今後に活かしたいと思います。

 

そして、ベテラン大柄の他にオーナーシェフも大柄、小柄ながらコワモテのスタッフもいるので、割と安心して働けております。

 

 

f:id:mignon216:20170715005851j:image 

ある日の、やけに豪華な賄い。

ご飯に乗せて海鮮丼としていただきました。

ていうか、賄いなのに、ワサビを葉っぱ型にする拘りって。

 

 

広告を非表示にする