永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

海の貴婦人と小さな赤サンゴ

宮古島に移り住むと決めた時だったか、引越し予定が決まった時だったか、「赤いサンゴを撮ってきて!!」と言われました。

 

言った方がどのくらいの感覚で言ったのかはわかりませんが、この約束は常にワタシの頭の中にありまして。

 

 ずーっと赤いサンゴを探しながら海に入っていましたが、なかなか見つからない赤いサンゴ。

 

f:id:mignon216:20170722180642j:image

ああ、今日も良い天氣…。

 

もともと色のハッキリしたサンゴは少なく、去年の猛暑と台風が来なかった影響で海水温が高くなり過ぎて宮古島周辺のサンゴは、かなりのダメージを受けてしまいました。

 

台風イコール災害というイメージが強いでしょうし、実際、旅行時に台風に見舞われた人からしたらとんだ迷惑でしょうが、台風が海水を撹拌してくれることで海水温が落ち着くのだそうです。

 

さらに言うと、台風が来ることが島と島の人々の浄化にもなるんだとか。

 

クリアリングってヤツですね。

 

しかも、赤いサンゴは装飾品としても高級品なので、乱獲の問題やら密輸なんて犯罪の匂いプンプンの被害者という面も持っています。

 

なかなか見つからなくなっているようでもありまして。

 

 

f:id:mignon216:20170723221143j:image

今日も今日とて、海へと。

 

 

割とメジャーなビーチに行ってみましたら、予想に反して移動カフェの車以外、停まってませんでした。

 

夏休み突入したのに、こんなことあるんだ!とビックリしたのは、途中のシュノーケルポイントの駐車場はビッシリだったから。

 

移動カフェのお兄さんも予想が外れてウクレレ練習。

 

「誰もいなくてビックリだよ」って。

 

お兄さんのアドバイスを受けて、潮の流れに沿うようにインザシー!

 

f:id:mignon216:20170723221533j:image

 

サンゴ岩の塊の間を泳いでいくと、ちょいちょい見えるナマコ

 

これは、ウミウシに会えるかも!と、見逃さないようにゆっくり移動。

 

すると、水中を不思議な形の物体が浮遊していました。

 

「何だろう、これ…?生き物っぽいけど」と、しばらく観察。

f:id:mignon216:20170723221815j:image

ポトリと着地した姿は、ちょっとウミウシチックでもあります。

 

アメフラシかなぁ…と、さらに観察。

f:id:mignon216:20170723221925j:image

ウネウネ系が苦手な方には、ちょっとアレな感じでしょうが、この緑色の物体が着地するや…。

f:id:mignon216:20170723222052j:image

クルッて、カラダの表裏をひっくり返したかと思ったら赤紫色のウネウネに!!

 

結局、ウネウネなんだけども!!

f:id:mignon216:20170723222200j:image

いきなり派手になりました。

 

夏休み明けに急に派手になっちゃう人がクラスに1〜2人はいましたね。

 

そんな感じです。(ウソです)

 

 

しばらくサンゴ岩から、サンゴ岩へと海中散歩していましたら、ミノカサゴさん発見!!

 

今まで、ハナミノカサゴキリンミノカサゴは見たことありましたが、どちらも岩影にヒッソリと佇んでいたのと、キリンミノカサゴは幼魚だったのですね。

 

こちらは、たぶんナンヨウミノカサゴと思われるんですが、泳いでらっしゃる!

 

泳ぐというよりは、水中を飛んでいる感じ。

 

スィーーーーーッと、ゆーったり。

f:id:mignon216:20170723222612j:image

ふおおおーー!!ヒラヒラ全開ーー!!と興奮しつつも、毒持ちなのでウッカリでも触れてしまわないよう距離を保ちつつの潜水アンドシャッター!を繰り返しまくるワタシ。

 

f:id:mignon216:20170723222749j:image

ヒラヒラ具合から海の貴婦人などと呼ばれているらしいですが、悠然とした姿には「カッコイイ…」と水中つぶやき。

 

f:id:mignon216:20170723222910j:image

激写しまくり。

 

 

しばらくの間、モデルさんとして活躍してくれたミノカサゴさんは、スッと岩陰に潜っていかれたので、そこでお別れ。

 

 

移動カフェのお兄さんが教えてくれたクマノミマンションとやらを見てみようかと、さらに移動してみましたら、ふと見たサンゴ岩の一片に赤いサンゴが!!

f:id:mignon216:20170723223310j:image

かなり小さなサイズなのと、岩がカップ状になった底に根が下されたような位置にあってどこから撮ればいいやら、しばらくウロウロ。

f:id:mignon216:20170723223547j:image

 

納得いくまで撮る!!と、決めて何度もトライ。

 

撮った!という手ごたえと共に、移住1年半でやっと見せてあげられるなぁ…と感慨深くなったその時!

 

ウミウシ!!

 

なんと、その赤いサンゴの根元近くに初めて見るウミウシちゃんが!

 

f:id:mignon216:20170723223908j:image

 

ヨゾラミドリガイというウミウシだそうで、確かにボディが満点の星空みたい。

 

 

後々、赤サンゴの写真を地元の方にお見せしましたら、「貴重なものを見つけたのね!」と、その方もまた興奮した口調でした。

 

この赤サンゴは、時々様子を見に行ってみようと思っています。

 

あまり深い所ではないので、これからも上がるであろう海水温に負けずに大きくなってほしいです。

 

切に…!!