永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。

台風一過の、そのあとで。

まあ、そんなわけで50年に一度の規模の雨量を記録したらしい台風18号

 

なんだっけ。

 

えーと、宮古島の1年間の総降雨量の2倍を2日間で降らせたとかナントカ…。

 

とにかく、いっぱい降らせたってことです。

 

 

電氣の復旧もし、冷蔵庫問題もそれほどではなく。

 

街中の荒れ具合はまだまだだし、物資不足で小売店の棚に隙が多い事をのぞけば、だいたい落ち着いてきたのかな…と。

 

滞在されまくった2日間から、さらに3日以上経ってますが。

 

さて、ホテルの駐車場に停めたままだった愛しのマイカーは、他の車同様、飛んできた小枝、葉っぱ、椰子の繊維がこびりつきまくり、ドアや窓とその周辺のゴムやら隙間やらに、よくもまあこんなに詰めたねって惨状だったので、塩害も考えて洗車しました。

 

…が!!

 

f:id:mignon216:20170917021303j:image

 

と、取れてない。

 

 

しかも、とっくに台風そのものは次の土地へと向かっているはずなのに、一昨日の島内には島風とは明らかに違う台風の名残りのような風が吹いて、身体が押されていきました。

 

油断していると車のハンドルも持っていかれるくらいに。

 

そんな強風なので漁船も出られず、魚が上がりません。

 

那覇から来た物資船は、ほとんどが時間を氣にする必要がない物ばかり積んでいたとか。

 

完全なる日常に戻るのには、まだ時間がかかりそうです。

 

ポツリポツリと戻っていく日常。

 

その中で、きっとまた忘れがちになってしまうのでしょうが、電氣とかガス、水道、滑らかに走れる道路、いつもの景色も【当たり前】ではないのだと、それらがない事への不便さと共にありがたみを感じました。

 

自然の力は、そういう事を教えてくれ、台風は島の浄化をしてくれます。

 

 

 

あ、今回の18号は、浄化ついでに、ワタシの車のワイパーを破壊していきました。

 

 

何してくれてんのーー?!