永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425

呼び寄せる女

宮古島に移住して、1年と8ヶ月。

 

ワタシは、今日も元氣です。

 

さて、岩見沢在住と北海道出身ながら東京在住時に知り合い、去年の今頃に宮古島来島しまして、連絡をもらうものの仕事のシフト上お会いできなかった友人が、今年もやって来てくれました。

 

ちゃんと、事前に連絡いただきまして。

 

去年は、写真をプロ裸足になさっている関係からの、写真仲間との来島だったようで。

 

その時は、なかなかの雨女やら雨男がいて、あまりお天氣に恵まれなかったそう。

 

 

で、今年は、ソロ来島!

 

んみゃーち!!宮古島!!!

 

てなわけで、『何か欲しいものある?』なんて聞いてくれるものだから、「三方六かタイムズスクエアのカスタードクリームかOnちゃんキーホルダーのどれか1つで!!」と、おねだり。

 

f:id:mignon216:20171004001750j:image

チョコレートコーティングされたバウムクーヘンでございます。めっちゃウマなのです。

 

 

菓か舎のタイムズスクエア

 

f:id:mignon216:20171004001924j:image

 

フワッフワの蒸しパンのような生地の中に、なめらかカスタードクリームの詰まったお菓子。めっちゃウマなのです。

 

 

そして、そして。

 

f:id:mignon216:20171004002136j:image 

HTBのマスコット兼、水曜どうでしょうファンには、マスコットっていうか、安田顕っていうか、まあ、中の人などいない!!と言いつつ、結局、安田顕っていうか、な。

 

 

どれか、1つでって言ったのに、全部、キターーーー!!

 

う、嬉しい…!!

 

そんな彼女と、いかに宮古島なモノを体験しようかと試行錯誤し、星空撮影に行ってみたり。

 

ちょいとディープな居酒屋に行ってみたり。

 

ギョサンを売り込んでみたり。

 

f:id:mignon216:20171004002544j:image

普通のビーサンと何が違うかと言うと、鼻緒一体型で、ボート上でも滑りにくいことから、海仕事関連者が必ず一足は持っているサンダル。

 

漁業サンダル、略してギョサン。

 

お買い上げいただけましたん。

 

 

そんな中、とある初めて入る居酒屋にて。

 

それなりにお腹も満たされた頃。

 

調理カウンターの奥から、板さんがズイズイと出てきました。

 

何の氣なしに見ていると、ズイズイとこちらにやってくる。

 

この居酒屋のウリスイーツは、通常は揚げるサーターアンダギー生地を、焼いて出す《焼きさたぱんびん》。

 

「ちょっと氣になるなぁ〜」と思ってはいたものの、オーダーはしていなかったそれを持って、板さん、ズイズイ。

 

「これ、サービスね。他の人には出してないから、ナイショね」って。

 

え、えええええーーーー?!

 

例えばですよ?

 

ワタシが、この居酒屋の常連とかお得意様なら、わかります。

 

ワタシ達が、ピチピチギャル なら、わかります。

 

 

 

正直、どっちでもねえ!!!

 

 

 

つーか、初めて入ったし、隣のテーブルにはリアルピチピチギャルいたし!!!

 

なんで?!

 

…道産子姉さん、興奮氣味に「呼び寄せてるよ!!すっごい、呼び寄せてるよ!!」。

 

う、うむ…呼び寄せてる!!

 

たぶん!!

 

めいびー!!!

 

ぱーはっぷす!!!!

 

 

 

さらに、ワタシが来島当初お世話になっていたシェアハウスの管理人さんが働いている居酒屋さんへ行ってみました。

 

すると、「年末年始、どんな予定?私が帰省している間、仕事頼まれてくれない?」と、宮古島としては、ちょいとオイシイ仕事の依頼が!!!

 

 

うっひょーーーー!!!

 

さて、明日は岩見沢カメラ女子の体験ダビングに帯同いたします。

 

 

いつものマリンショップにて、オーナーさんに帯同おねだりして、OKいただいたビーチダイブ。

 

 

かーーーらーーーのーーー、シュノーケルガイドでございます。

 

 

宮古島に来島の際、シュノーケル希望あれば、ワタクシへ。

 

ダビングを体験したい方も、どうぞアクセスしてください。

 

ステキなショップをご紹介いたしましてよ、おほほのほ。

 

 

呼び寄せる女が、アナタの味方になりましてよ。

 

 

なーーーんちゃってね!!