永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425

LIFE!

東京在住時は、1ヶ月に最低でも1回は劇場で映画鑑賞したものでしたが、離島ライフになってからは、すっかりさっぱり。

 

もっぱらDVDでの鑑賞となってしまったわけで。

 

 

【LIFE!】は、映画評論でも決して評判が良い作品ではなかったのですが、単にベン・スティラーが好きってことでチョイス。

 

f:id:mignon216:20171201022425j:image

強烈な妄想癖は、ぶっ飛び過ぎてて、「さすがに、そりゃーないわ」ってレベルで、妄想の世界ではイケてる自分に…というパターン自体は前々からあるし。

 

実は、ものすごくスケボーが上手いという設定ありきで物語が進んで行くのだけれど、仕事には実直なれど基本はヘタレ。

 

雑誌の写真のネガを管理する、暗くて(暗室だから)地味な仕事。

 

でも、とても誇りを持っていて、その仕事ぶりを世界的カメラマンに信頼されている…。

 

 

携帯電話も持たずに世界中を飛び回るカメラマンを追いかける展開になって、ヘタレ妄想癖は妄想を超える現実に飛び込んで行く。

 

 

この世界中を飛び回るカメラマンをショーン・ペンが演っているのですが、彼が写真を撮るためにジッと待ち構え、目的のものが現れたにも関わらずシャッターを切らないシーン。

 

これが、すごく良くて、すごく印象深いのです。

 

「撮らないのか?」と問われて、返す彼のセリフのカッコ良さ!!!

 

それによく似た事を、ワタシの写真の先生が言っていたので、さらにジンワリ。

f:id:mignon216:20171201022518j:image 

 

 

 

 

ネガを失くしたと言う主人公に、カメラマンは「残念だな、美しい写真なのに」と言うのですが、その美しい写真がどんな写真かわかるラストシーンは、ほっこりとした氣持ちになれました。

 

写真を撮る人は、ショーン・ペンのシーンだけでも観る価値あるんじゃないかなんて、思ってみたり。