永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425

いいふりこきの、おだちもっこ。

いきなり、とんでもタイトルからはじまり、はじまり。

 

標準語で言うと『カッコつけ屋のお調子者』が、近い感じ。

 

ワタシの出身地である、北海道弁というやつでしょうか。

 

良いフリをこく(する)という音の響きが、いいふりこき、かな、と。

 

おだつは、なかなかにバージョンの違いがありまして、『調子に乗るな』という窘めの時、「おだつんでない」と言われます。

 

『アイツ、調子に乗ってんね』みたいな穏やかではない時、「アイツ、おだってんね」。

 

 

最近になって知ったのは、北海道や東北、関西の一部では車のハイビーム、ロービームを【遠目、近目】と言う…ということ。

 

完全に全国区で通用すると思っていたので、なかなかの衝撃でした。

 

なんてこったい!!

 

さらに、青い案内標識の事を、【アオカン】と言うのですが、北海道民同士でその話をしていたら、ひどくギョッとした顔をした後で、「それ、迂闊に言わない方がいいですよ。もんのすごく奔放な人だと誤解されかねないですよ!」と東京の人に言われ、しばらく意味がわかりませんでした。

 

わかった途端、赤くなって青くなりました。

 

 

な、なんてこったい!!

 

 

方言とも違う、その地域特有の言い方って、なかなか奥深いとともに、時としてとんでもない誤解を招きかねないのですね。

 

ちなみに、我が母は【ザンギ】が日本全国で通じると最近まで信じていたようです。

 

あ、鶏の唐揚げです。

 

なぜか、北海道民は【ザンギ】と言うのです。

 

 

一部では下味をつけた鶏肉に粉類をつけて揚げたのが【ザンギ】で、下味なしの鶏肉に味をつけた粉をまぶして揚げたものが鶏唐揚げだって説もありますが、たぶん明確な違いはないと思います。

 

道民が【ザンギ】と言えば、それは【ザンギ】なのです。

 

とか言って、スーパーじゃ普通に『唐揚げ粉』売ってますけどね。

 

 

 

 

おだってるワタシに、レターください。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425