永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425

彼女たちがやって来る、ヤァ!ヤァ!!ヤァ!!!

東京在住時、写真のワークショップで交流を深めた写ガールズの内、2人が宮古島へとやって来ます。

 

1人とは、移住して半年程の頃、本島で落ち合って写真撮ったり、喋ったり、お茶飲んだり、喋ったり、写真撮ったり、ご飯食べたりしました。

 

もう1人と会えるのは、実に移住年数と数日ぶりです。

 

ざっくり、3年5ヶ月くらいぶり。

 

うっひょう!!

 

1ヶ月程前から、その短いなりの島滞在プランを、あーでもない、こーでもないとネリネリ。

 

正直、2泊3日じゃ足りないんじゃねーの?!みたいな。

 

 

そのワクワクドキドキな来島が3日後に迫ってきて、ロマンチックもソワソワも止まらない!!

 

彼女達が我が家に泊まるにあたり、職場寮からお布団を借り受け、職場後輩から「使わないんで、どうぞ」って、オシャレバスタオルを2枚いただき、職場マネージャーからは「タオルが必要なら持ってけば?返してさえくれればいーから」と寛大なお言葉を賜るっていう。

 

さらにスタッフ兼寮母さんが、借り受けお布団を干してくださるという至れり尽くせり。

 

 

そんなわけで、万全の状態にてお迎えに…と言いたいところが、キュートでホットなマイカーが、文字通りホットなわけで。

 

宮古島のような南国では必須のエアコンシステムが、一番お金かかっちゃうポイントでブロークン。

 

激しくガス漏れするので、1本入れても1ヶ月保たない体たらく。

 

ので、いくらかマシにならないかと車内で使える小型扇風機をポチるも、離島故の到着は彼女達が来てから2日目っていう。

 

車窓はフルスロットルで全開です!!

 

昼間、32度とかだけど。

 

 

 

 

 

もうすぐ車検のワタクシに応援レター、お待ちしてます。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425