永遠の【仮】〜勇氣凛々海の色〜

水中に目覚めた、水どう好きな道産子の日常。https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425

嬉し恥ずかし、里帰り。

大興奮の沖縄ライヴかーらーのー、打ち上げ。

 

かーーらーーーのーーー。

 

那覇一泊のち、羽田へ向かいます。

 

羽田乗り継ぎでの道入り。

 

ミチイリじゃないですよ、ドウイリですよ。

 

 

那覇発着は、その発着便の多さからか遅延しやすいので、乗り継ぎに余裕を持たせましたら、那覇発7:30なのに、女満別着は14:00ですって。

 

さすがは、南の果てっぽい所と北の果て風味な所ですね。

 

羽田でのトランジット、予定通りに着陸しちゃったのでそこはかとなく余裕。

 

ここに来て、天ぷらの話をします。

 

実は、親族に沖縄からお嫁に来てくれた方がいらっしゃるのですが、天ぷらを作る際、「待って!待って!!そんなに掻き混ぜたら、天ぷら粉が緩んじゃう!」てなくらい掻き混ぜるそうです。

 

そりゃ、そうだ。

 

なぜなら。

 

沖縄の天ぷらは、どちらかというとフンワリした生地が、モッタリした感じなのです。

 

それはそれで美味しいのですが、時々、花が咲いたようなカラッとした揚げ具合の天ぷらが食べたくなるのも、また然り。

 

 

てなわけで、空港内の天丼屋さんへ。

f:id:mignon216:20181112011420j:image

天丼と小さなお蕎麦のセットなのに、味噌汁も付いてくる、謎の汁物祭り。

 

半熟卵もね。

f:id:mignon216:20181112011538j:image

このサクッと感!!

 

余剰時間は、某有名機内風ホテルの短時間サービスで、ゴロンゴロン。

 

ほとんど寝ずに終わった那覇泊を、少しだけフォロー。

 

4年ぶりの我が故郷は、なかなかに寒いねって。

 

1泊目の早朝、寒さに目が覚めてSiri君に「今、何度?」って聞きましたら、「現在の氣温は、2度です!」。

 

2度!!!

 

殺す氣かっつーの。

 

いや、ほんと真面目に、先祖に問いたい。

 

なぜ、この地で生きていける!!と思ったのかを!!

 

 

寒さに打ちのめされたワタシに、愛のレターぷりーず。

https://letterpot.otogimachi.jp/users/19425